ノイバイ空港で残ったお金は全部使おう!免税店のお土産事情と過ごし方♪

ベトナム


ハノイの空の窓口は、2015年にできたばかりのとっても綺麗なノイバイ空港です。開港当時は、まだ売店なども少なく閑散としていたようですが、私が利用した2017年6月には免税店も充実していました。ビビリなおひとり女子旅の私は、どこであろうと空港到着は2時間前!さらにかなりのベトナムドンを残していた私は空港で使い切る事に挑戦したもののここでもびっくりなハプニングが!?ビビリで早めに空港に着いてしまっても、ベトナムドンが余っていて使い切りたくても!ノイバイ空港はお土産を買ったり、ご飯を食べたり意外と楽しめる♪最後の最後のまでハノイをばっちり楽しめる!ノイバイ空港のレポートです♪

荷物を預けたら税関を抜ける前にお土産屋さんや飲食店をチェック♪

ノイバイ空港はとても小ぶりな空港です。そのため、荷物を預けるところから登場まで40分程度あれば大丈夫といった羽田空港と同じ様な感じのです。実際にノイバイ空港を利用してみても、本当に小ぶりだなぁという感想です。小ぶりなのでコンパクトで私は好きなのですが、1つだけ心配していたのが「2時間も時間つぶせるかな…」という事。羽田空港の様にたっぷり充電スポットのないノイバイ空港では充電が気になります。wifiは無料でアクセスできますよ!私はとても心配性のビビりなので、基本的に空港には2時間前に到着するようにしています。

ヒルトンハノイオペラホテルからノイバイ空港までは約40分。46万VNDでした。空港に着くとすぐに荷物を預けて、身軽にしてから早速ノイバイ空港内を探索します!1階にはお土産屋さんとファストフード店が4,5件ぐらいありました。

2階に上がると、レストランがたくさんあります。このレストランは飛行機と滑走路を眺めながら食事をできるようで、結構人が多かったです。レストランの周りでは子供ずれの家族がわちゃわちゃしていました。

ベトナムっぽいお土産屋さんも!

お土産をふらふら見ていると、すごく店員さんがついてくる。ちょっと気まずい。

お土産屋さんもレストランも充実してる印象です。私は免税店で最後の残ったベトナムドンでお土産を買おうと思っていたのでここではウィンドウショッピングだけしましたが、スーツケースを預ける前にお土産を買っちゃってもいいかもしれません♪

早速税関を抜けて搭乗口に向かいます♪免税店でお土産探し!

ひとしきり見終わったら、税関を抜け搭乗口付近の免税店を散策します。
日本の雪肌精の化粧品がたくさんうってあったり、ベトナムの高級チョコや雑貨など様々ありました。値段を見てびっくりしたのが、全部USドル表記!え!なんで!?ここベトナムだよね!?なぜだかベトナムではUSドルの流通が盛んで、ハノイに居る時も何度か「○○ドル!」と言って私を引き留めるタクシーのおじちゃんがいました。ドルの仕様は最近では禁止気味にされているようですが、空港でここまで使ってちゃねー…と思う私。もちろんベトナムドンに換算して、支払いもさせてくれるので大丈夫です。ベトナムドンは日本では、日本円に換金する事が難しい場合がほとんどです。ベトナムドンの価値は低い為、日本円に換算する事ができない場合もあるからです。…というわけで、数か月後ぐらいにまたベトナムに来る予定がない限りは、多少高くても空港内でできるだけドンを使い切ってしまうのがベター。

私はお昼ごはんを食べていなかったので、免税店の中にあるレストランでフォーを食べる事にしました。

これで32万VND。ハノイ市内で食べたブンチャーはたったの6万VND。これよりもっとボリューミーで何よりめちゃくちゃおいしかった…。

空港めちゃくちゃ高い!そしてあんまりおいしくない!ホテルで食べたフォーのほうが全然おいしかったー。ベトナム料理屋さんのほかにも、バーガーキングやイタリアン?っぽいレストランもありました。ですが、ご飯を食べるなら税関を抜ける前のレストランで食べた方が良いかも。値段は見てないのですが、外のほうがメニューも豊富そうだし、景色も良いし、人もいっぱいいたし笑、いいのではないでしょうか。ちなみにノイバイ空港のトイレの窓はオープンなガラス張りです。

個室事はちゃんと見えないようになっているので安心してくださいね♪
空港の横には公園のようなところがあるみたいです。

気持ちよさそう。
お土産屋さんでふらふらとして、食事をして、トイレをエンジョイしていたら結構あっという間に時間が過ぎました。
搭乗口前ではもちろん飛行機を眺められます。

大画面のテレビでも、アメリカのドラマみたいなのがやっているので映像だけでも楽しめました♪

帰りの飛行機ではお月様もキレイでしたよ♪

旅行だと毛の処理が…悩める旅女におすすめ【ディー・レジーナ・エピ・プレミアム】

2018.08.09