仕事はトラベラーです♥旅×仕事を実現させる方法10選

旅×仕事


人は旅をしなければ、駄目になってしまうby モーツァルト。インターネットの普及で旅はより身近な物となり、「旅を仕事にする」事はもう絵空事ではなくなりました。バックパッカーをしながらお金を稼ぐトラベラーやただ旅を楽しんだ写真をSNSに載せる事を仕事にするトラベラーなど旅をしながらできる仕事は千差万別!今回は手に職系の専門知識のいる仕事から、今すぐにでも始められる旅の仕事を現役OLトラベルライターがご紹介します!

1,トラベルライター

自分で旅の企画をして、オリジナルの旅を楽しんでいる人におすすめ♪自分の旅の行程や、旅で学んだ事、観光地の今を伝えて旅をしたくなるようなワクワクする記事を書いていくお仕事です。ノートPCとネット環境さえ整っていれば始められるので、旅をしながら記事を執筆する事も可能です。世界一周旅行者でも、トラベルライターをしながら旅の資金を調達している旅行者は多いです。もちろん日本にいながらでも、できるお仕事です。旅で仕事をするには一番メジャーな方法。現在は様々なトラベルライター募集サイトがあるので一番気軽に始められます。

トラベルライターとして仕事ができるサイト

TABIZINE

TABIPPO.net

トラベルjp<たびねす>

TRIP’S

2,ウェブデザイナー・グラフィックデザイナー

ホームページやチラシなどのデザインをするのがウェブデザイナー・グラフィックデザイナー。ノマドワーカーとして会社に属さずフリーランスで仕事をする旅人が多い職業。実際にデザインする時はノートPCで作業するという事は難しい為、日本と海外を行き来しながら仕事をするか海外にもデスクトップで作業できる環境を構築するなど作業環境への配慮は必要です。特に資格がなくても始められますが、ITの知識、色の知識、デザインの知識は必須。数年間デザイン事務所やITの会社で経験を積んでからフリーランスとしてデビューするのがメジャー。

3,システムエンジニア

様々なシステム構築をするいわゆるSEという仕事。ノートPC一つあればできる職業ですが、専門的な知識と高度な技術が必要。ただし、高額な収入を得る事が可能なため、意外と旅人で多いのもこの職業。デザイナーと違いビジュアル的な仕事ではなく、ひたすら呪文のようなコードと向き合う仕事な為、理数系にはおすすめ♪自力で勉強する事もできますが、it系の会社で実績を積むなどするとより仕事が受けやすくなります。

4,フォトグラファー

世界中の絶景や、日本人があまり行かないような場所に行き、写真を撮る仕事です。フォトグラファーというと何とも言えないアンニュイな写真集を想像するかもしれませんが、今は写真を販売するサイトも多くプロでなくてもアマチュアフォトグラファーとして旅先で自分の撮った写真を販売している旅人も多いです。ただし、撮影は一眼レフなどのカメラで撮る事を条件とされている為、高額なカメラを購入し旅先でいつでも携帯しなければいけません。写真を撮る事が好きで、何時でもカメラを持ち歩く事が苦にならないのであればおすすめの仕事です。

自分の撮った写真を販売できるサイト

Adobe stock

pixta

フォトライブラリー

TPaylessimages

5,バイヤー

日本では売っていなかったり、珍しい物を海外でたくさん仕入れて、ネットなどを使って日本人に向けて販売する仕事です。値段を比較したり、大量購入の根切などが好きな旅人に向いています。よく行く国が同じなら、旅に行く前に「日本未発売♥ベトナム雑貨」などと広告し、購入してくれた人の分だけ現地で調達するという方法もあります。最近では、フリマアプリなど様々な販売ができるサイトや、簡単にネットショップを作れるシステムなどもある為比較的参入しやすい仕事です。ただし、在庫を抱える事になるので、旅の荷物が増える事と、もし買い手がいなかった場合自分の手元にずーっと残ってしまう事が難点です。

バイヤーとして販売ができるサイト

Buyma

ヤフオク

メルカリ

6,アフィリエイター

トラベルライターと仕事内容は似ていますが、企業からお金を支払ってもうのではなく自分でキャッシュフローを作って稼ぐのがアフィリエイターです。旅に関する商品などを記事で紹介して、読者が商品を購入してくれると収入につながります。自分でサイトを作って、運営していかなくてはいけなかったり、1万円以上月に稼げるアフィリエイターは全体の1%程度だったりと安定した収入を得るには努力が必要な仕事ですあ、一度キャッシュフローを作ってしまえば寝ている間にもお金が入ってくる不労所得となる為、旅先で仕事に追われず自由に過ごしたい人にはおすすめの仕事です。



7,セミナー講師

旅の仕方や、自分がしたオリジナルの旅をセミナーで講演する仕事です。人前に立ってしゃべる事が得意な人に向いています。最近ではセミナーブームもあり、たくさんのセミナーが開催されています。人があまりしないような経験を旅の中でしたり、旅に関して熱い思いがたくさんある場合、セミナー講師は楽しめる仕事です。

8,ツアーコンダクター

企業に勤めながら、旅の仕事ができる代表的な職業がツアーコンダクターです。パッケージツアーなどに同行して、ツアー参加者の面倒を見たり、現地で行程の調整や交渉をする仕事です。企業に属し、資格を取る人が一般的です。人が好きだったり、現地の言葉に自信がある場合におすすめの仕事です。ただし、ツアー客と同行が必須なので、ひとりの時間は限られており1日中自由に旅する事はできません。

9,企業トラベラー

企業の企画や支援で旅をするトラベラーです。企業の商品の宣伝の為に、旅先で写真を撮りSNSに投稿したり、記事を書いたりすることで企業に利益を与える為の仕事です。この仕事をする為には、インフルエンサーと呼ばれる拡散力が求められます。facebookやインスタグラムのフォロワーがかなりの数がいるなど人を集められる力がすでに構築されている旅人に対して企業側からオファーが来て成立する場合がほとんどです。自分から企画をもってオファーする事もできますが、その場合もインフルエンサーとしての実績が求められます。

10,プロトラベラー

職業が旅する事!という何とも憧れる仕事がこのプロトラベラーです。旅の写真をinstagramなどのSNSにあげ、たくさんのフォロワーを得ます。そこで企業などの商品を宣伝する事で報酬を得るというようなシステムです。ただ旅をすることが仕事という、旅人にとっては理想的な仕事ですが、消費者のニーズに合わせた写真を撮らなければいけなかったり、写真を撮る為に時間を割かれてしまうので、自由気ままな旅が好きな人や自分が表に出るのを好まない人にとってはストレスの種になるかもしれません。

※「プロトラベラー」は、ミツバチワークス株式会社の登録商標です。