お金の概念を変えると豊さがあふれ出す!旅は浪費?いえいえ投資です♥

旅×仕事


旅好きというと、よく「旅行ばっかりして豪遊しているんだ」と勘違いされてしまう事があります。でも、果たして旅はただの浪費なのでしょうか?私たちOLがするおひとり女子旅は決して浪費の旅ではありません。むしろ自分への投資の旅です!それでもやっぱり旅をするとなるとお金が必要で、年に何回も旅をして貯金があまりたまらないと「私ってやっぱり間違ってるのかな?」と何となく不安になってしまいますよね。それと言うのも、子供の頃からお金は大事!無駄使いしてはいけない物!貯める事が正義!としっかり教え込まれてきたからなのです。お金の固定概念を少し変えるだけでも、心とお財布が豊かになり、今よりもっと旅を楽しみ多くの事を学べるようになります!今回は、何冊もの著書を持つワークラウフスタイリストであり女性社長の宮本佳実さんから学んだお金の概念を変えて豊かさをあふれ出させる方法をシェアします♥

スポンサードリンク

お金は川の流れと同じ!ため込むと腐ってしまう

私もそうですが、多くの人がお金は貯めないといけない!と教育されてしました。でもね、実はお金は生ものなんです。こんなこと突然言われても訳が分からないと思うのですが、とりあえず騙されたと思って聞いてください♥例えば、川に例えてみましょう。川のほとりに家をたて、どうにか川の水をたくさん自分の物にしたいと思い川から一本の水路を作り自分の家にため池を作るとします。最初は水がどんどん入ってきて、自分の物になったのですごく満たされた気分になるでしょう。しかし、1週間もすればどうでしょうか、水は腐って飲めなくなってしまいます。それどころか異臭を放って体にも悪いです。どんなにいい物であっても、ため込んでしまうと悪いエネルギーに変わってしまうんです。ちょっと汚い話ですが、どんなに高くておいしいお料理を食べてももったいないからってずーっとトイレに行かなければお腹が痛くなってしまうし、最悪体を壊して死んでしまうかもしれません。お金の流れって言うのも実はそれと同じなんです。ため込んでおくと、腐ってしまう。なにも浪費しろと言っているわけではありませんが、もったいないといって使うべき所で使わないという事は、逆にもったいないという事だという意味です。

お金はただの紙切れ!お米券と同じ♪

スポンサードリンク

お金を使う時、どうしてももったいない…と思ってしまっていませんか?特に大きな買い物になればなるほど、ちょっと胃が痛くなりながらお金を払うなんてことありますよね。でもね、よーく考えてみてください。お金ってそれ自体に価値があるのでしょうか?例えば、ごはんであれば食べるとおいしいし、身体の元になる物だからそれ自体に意味がありますよね。洋服も寒さをしのげるし、可愛い洋服を着れば気分も上がってウキウキするからそれ自体に意味がありますよね。でも、お金は?食べたらおいしいですか?身体を温めてくれますか?いいえ。何もしてくれないんです。お金だけ持っているだけでは全く意味がないんです。いわば、何かと交換したときにだけ幸せになれたり意味が存在してくる幸せ引換券なのです。実際お金をため込んでいても、時代によって価値はどんどん変わってきてしまいます。何十年も前であれば100円も持っていればたくさんの物が買えたのに、今では100円で買える物なんてほんの少しです。それぐらいお金自体の価値はその時その時によって変わってきてしまうものなのです。よくお金持ちは現金を持たずに物に変えて持っている事が多いですよね?金とか海外とか、それっていうのもお金を持っていてもどうせ価値が下がってしまうという事をわかっているからなんです。

自分が何に幸せを感じるか!それが解れば心は面白いぐらいに満たされる

お金持ちはケチってよく言われますよね。それは、成功して豊かな人ほど自分にとって価値があると感じたもの以外には全くお金を使わないのです。何千万もする海外はポンポン買うくせに、移動はグリーン車も使わずに一般車両だったり。株を何億もどばーんと買うくせに、卵は1パック100円の激安の物しか買わなかったり。自分を幸せにしてくれる、価値のあるものをしっかりわかっている人ほど満たされて豊かになっているのです。旅に興味のない人からしたら、年に何回も何十万もお金を浪費しているように見えるかもしれませんが、私達旅好きにとっては旅をすることが一番心がときめいて自分自身を幸せにしてくれる投資なのです。学びが深まりスキルアップできる価値のある投資なのです。自分にとって価値のある物を見極められるようになると、それ以外の必要ない物はすぱっと断捨離する事ができるようになります。心が軽くなるし、より旅に時間もお金も気持ちもかけられるのでさらに満たされる旅ができるようになります。

スポンサードリンク