好きな事は楽な事?女性が勘違いしがちな【旅を仕事に】する事の意味

旅×仕事


【好きな事を仕事にする】って聞くと、「そんなの夢物語でしょ?」と疑う気持ちと同時に、「もしそんなことができたら毎日楽しいんだろうなぁ」なんて憧れてため息が出てしまう事もありますよね。かという私は、今大好きな【旅を仕事】にしています。本当に好きな事だから、旅を仕事にできた事が本当に幸せで、すごく楽しいです。こんな楽しい事をして、豊かな暮らしができるんだったら誰だって【好きな事】を仕事にしたいと思いますよね。しかし、多くの女性が【好きを仕事にする】事で勘違いしている事があります。それは【好きな事=楽な事】と思い込んでいる事です。だから、いざ【好きな事】を仕事にしようと思うと、「思っていたのと違う…」とあきらめてしまう事が多いのです。でもね、私から言わせれば「ちょっとぐらい大変な事があったぐらいで【好きな事】を仕事にする事を諦めるのはもったいない!」のです。いくら好きな事だって、もちろん大変な事もあります。周りからみれば一見ストイックで不幸に見られてしまう事もあります。今回は【大好きな事】を仕事にしたいと思っている女性の為に、女性が勘違いしがちな【好きを仕事に】する事の意味を私の経験も含めてご紹介します♪

大好きな彼にも欠点があるように、大好きな事でも面倒な事はある。


好きな事を仕事にしている女性って、いつも何かに夢中になっていて本当にキラキラしていて憧れますよね。たった1年前の私は、起業したい!好きな事を仕事にして楽しく生きたい!と思いながらも、自分にできる事、好きな事を仕事にする方法が全く分からずに約半年ちょいぐらい悶々と過ごしていました。そこから、「もぉ好きな事をしよう!お金稼げなくてもいいや!」と半ば投げやりな素直に【好き】に向き合った気持ちで始めたのが、このおひとり女子旅でした。大好きな旅をすることは、もちろん楽しい!だけど、3日坊主の私にとって毎日ブログを更新する事は正直めんどうくさい事でした。しかも、旅に行ったら今までだったら何も考えないで気ままに旅だけを楽しんでいればよかったのに、ブログを書くという使命ができてしまったために面倒な写真撮影やら何やらを旅の中で行わなくてはいけなくなりました。それでも、旅をする事と書く事が大好きな私にとっては旅のブログを運営する事自体は大好きな事。そこにちょこっと面倒な事が付いてくる。例えば、彼氏が靴下を脱ぎっぱなしにするとか、寝ている時に白目をむくのと同じようにどんなに大好きな人にだって欠点は絶対にある物です。仕事だって同じこと。どんなに大好きな事でも、面倒な事の1つや2つは必ずあります。でも、それを差し置いてでも大好きな事だからその面倒な事さえも愛せるのが好きな事を仕事にするという事なのです。

好きな事を仕事にすると、しんどい事でも夢中になって駆け抜けられる


私は最初の3か月、毎日記事を更新する事を決めていました。ただ、OLの仕事が終わってから家に帰って、ご飯を作ってお風呂に入ってとしていると、どうしても記事を更新するのが遅い時間になってしまうのです。そうしてやっとの思いで記事を書くともうすでに12時を過ぎているのが普通。寝るのが1時や2時になってしまう…夜遅くまで起きていると、具合が悪くなってしまいがちな私にとっては結構な死活問題でした。そこで私は、今までだらだらと見ていた夜のテレビを辞め、夜は11時に寝る事にしました。その代わり朝5時に起きて毎日2時間程度をかけじっくり記事の更新をすることにしたのです。実際夜の時間だとぼーっとしてしまっている事が多かったのですが、朝の時間に更新するようになってからはしっかりと決まった時間で記事を書けるようになりました。夜のテレビをだらーっと見る時間は私にとっては習慣でした。その習慣を変える事は正直しんどい…でもそれよりもやりたい事が見つかったのは本当に幸せな事!大好きな事だからこそしんどい事でも夢中になって切り抜けられるのです

どれだけエネルギーを出せるかで、帰ってくる豊かさが決まる


多くの女性が勘違いしている事が、好きな事さえすればらくーに豊かになれるという事です。でも、これは真っ赤な間違い!どんなに好きな事を仕事にしても楽していれば豊かさは帰ってきません豊かさは自分の放ったエネルギーの量に比例しているんです。よく仕事を楽しそうにしている人は周りからも評価されどんどん収入が上がったりしますよね。それはその人が楽しくて自分のエネルギーをばんばん放出しているからなんです。だからどうやってさぼって時間をつぶそうと考えている人はまったく給料が上がらずいつまでたっても豊かな暮らしができないのです。ただ、好きな事を仕事にしているとどうしたって楽しくなってエネルギーがどんどん出てきてしまうものです。「そこまでやる?」と言われるほどエネルギーを放出した結果、それに見合った豊かさが戻ってくるのです。

好きな事を仕事にするのは楽する事ではなく人生に夢中になる事


好きな事を仕事にしている人はキラキラ輝いて、とても生き生きとしています。Facebookやインスタグラムに移っている華やかな姿だけを見ていると楽して豊かさを手に入れたと思われがちですが、好きな事を仕事にして豊かさを手に入れた人はその豊かさと同等のエネルギーを放出しているのです。好きな事が仕事になると、毎日が鮮やかに色付き夢中になって人生を駆け抜けられるようになります。もし今好きな事を仕事にする事に悩んでいるのであればまずは一歩踏み出してみましょう。好きな事を仕事にする方法を探してみる。自分の好きな事を仕事にしている人はいないのか探すだけでも大きな一歩になりますよ。


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!