山下公園のバラ園が楽しめる時期はいつ?浜っ子が教える気軽に楽しめる周辺の観光とおすすめスポット

横浜


大桟橋や赤レンガ倉庫、クインズスクエなど、横浜には見どころがたくさん♪中でも山下公園は休日になると芝生にレジャーシートを敷いたカップルやら家族連れやらでかなりの賑わいを見せます。元町・中華街の近くに位置する山下公園は観光の次いでにちょっと港の空気を感じたい時にもピッタリなスポットです♪そんな山下公園に行ったときに絶対に外せないのが地元民もわざわざ足を運んで写真を撮ってしまうほど大変立派なバラ園!まるでヨーロッパの庭園の様に色も種類も様々なバラが所せましと咲き誇っています!カップルで行っても楽しめるけど、カメラを抱えたおひとり女子も結構いるので一人でも十分に楽しめますよ♪今回は地元民のはまっこ女子が、山下公園のバラ園を楽しめる時期と周辺の観光スポットのおすすめをご紹介いたします♪

スポンサードリンク

山下公園のバラ園を楽しめる時期はここ!


横浜の観光スポットとしても人気の山下公園にあるのが、200種類2500株ものバラが植えられた沈床花壇(バラ園)です。バラ園からか氷川丸やマリンタワーが見え、港町とバラのコラボレーションも楽しめるとってもノスタルジックでアンティークな空間です。ベンチもあり、通路もしっかり整備されているのでゆっくりと色とりどりのバラの香りを楽しむことができます♪

そんなバラ園ですが、さすがに年中いつでも見られるというわけではありません。1年のうち咲き誇るバラを楽しめるのはたったの2ヶ月程度です。
春であれば5月中旬から6月上旬ごろ
秋であれば10月中旬から11月上旬ごろ
となんとも短い時期ですが、あたり一面に漂うバラの香りと華やかな色彩に囲まれる幸この一瞬の時期は、女性にとってはまるでお姫様になれたような幸せな時間です♥

スポンサードリンク

ひとりでも楽しい♪山下公園のバラ園を思いっきり楽しもう♪


山下公園といえば、地元の人に聞けば1度はデートで訪れた事があるというぐらいカップルの聖地です。夜になれば水面に移る横浜・みなとみらいの夜景にそそのかされてうっとりしているカップルがわんさかいます。しかし、休日の昼間はそんなカップルよりもグループや家族ずれがとても多いです!そして、このバラ園が楽しめる時期にはカメラを構えたおひとり女子もとても多いのでひとりでいても全然大丈夫!ひとりでバラ園の中で自撮りをしているおじさんもいるぐらいなので、かわいい女の子がカメラを片手にバラ園の中にいたって全く問題はありませんよ♪私の一番のおすすめはバラ園と一緒に氷川丸を写すアングル!ここ横浜の山下公園でしか取れない船とバラの共演は見逃せません♪

山下公園のバラ園を見た後に行きたい周辺観光スポット

大さん橋

山下公園のバラ園から、桜木町駅の方へ歩いていると見えるのが大さん橋です。山下公園からでも大さん橋は十分見えますし、クルーズ客船が止まっている時には立派な大きな船が見えるので旅好き女子にとっては「この船はこれからどんな国に行くんだろう」と考えるだけでも楽しいです!大さん橋からは山下公園や赤レンガ倉庫も眺める事が出来るのでふらっと立ち寄って景色を楽しむにはぴったりの場所です♪

中華街

山下公園から関内駅の方に向かうと中華街につきます。中華街といえば、食べ物!というイメージがありますが、それだけではなくまるで中国に来たかのような鮮やかな建築が楽しめるのも中華街の魅力のひとつです。肉まんを片手に中華街の中を歩くのもとても楽しいです♪

元町

中華街を抜けてさらに歩くと、おしゃれなお買い物スポット元町に到着です♪ここではショッピングやランチが楽しめます♪横浜発祥のパン屋さん【ポンパドール】やおいしいワインのお店などお土産を買うにもとっても良いスポットですよ♪

スポンサードリンク