縁結びの旅で感じた、生き方と働き方。パワースポットは集まる人の祈りで作られる

島根県


いつもいつも言っているのですが、旅って本当に新しい出会いの連続です。出会いっていうのは、人との出会いだけではなく、自分の中にあった感情との出会いでもあります。普段は気づいてあげる事ができない自分自身の感情や、気づく事ができない自分を取り巻く大切な人たち、旅の中でしっかりと自分と向き合う時間があるとそういった普段気づく事のできない感情との出会いがあります。今回の出雲旅でも、【縁結びの旅】と称しながら、新しいご縁よりも今あるご縁を強く感じて感謝できる旅になりました。私が縁結びの地で感じた、生き方と働きかた。そして今ある幸福に感謝する事の大切さをシェアします♩

スポンサードリンク

縁結びの旅で感じた、生き方と働き方

女子の縁結びの旅というと、「なんでもいいからとりあえずいい男紹介してよ!」っていうなんともギラギラとした旅のように思われがちです。
でもね、ご縁って恋愛だけではないんです。出雲大社には企業の社長さんなんかも参拝に来られます。「素敵な異性を紹介して!」ってお願いにこれらるわけではなく、「よいビジネスパートナーやお客様とのご縁を結んでください」ってお願いするために来られるんです。ご縁ってね、人との繋がりはすべてご縁なんです。
今、出会えたすべての人はご縁によって繋がっているんです。ご縁を新しく結ぶ為に来たはずの今回の出雲旅で、私は本当に今あるご縁を改めて感じて感謝できるようになりました。今あるご縁をもっともっと大切にしないと行けないと心から感じました。新しいご縁を結ぶ事ももちろん大切だけど、今あるご縁に感謝して、大切にする事でどれだけ自分が幸せであるかも感じられるようになりました。新しい縁結びの為に来たはずが、今ある自分のご縁に感謝できるようになり、どれだけ幸せな環境で働く事が出来ているか、いきているかを感じられるようになりました。

パワースポットは集まる人の祈りで作られる


この神社に行ったら、彼氏ができる!とか、ここに参拝したら、思った通りの仕事を貰えるようになった!とか、その場所に行くと願いが叶うパワースポットって日本各地にありますよね。確かにその場所に行くと、たくさんの人がいて、すごい熱気とエネルギーを感じます。そこにたくさんの人がいて、それぞれが強い願いをエネルギーに変えて放出しているからこそ、その空間はパワースポットになるんです。だから、エネルギーの高いところに足を運んで、その場所のエネルギーを体いっぱい吸い込む事が大事。その場所に行くっていうだけで自分自身からもエネルギーが出るし、同じ高いエネルギーを持った人の空間に身を置く事で、より自分にとって必要な願いと向き合えるようになります。

スポンサードリンク

何を叶えてもらうかではなく、自分が何に感謝できるかが大事

私は神社やお寺に参拝に行く時、特にお願いはしません。もちろん目的があって参拝にいくのですが、神頼みって意味があるとは思えない。
「神様どうにかしてください!」ってそんな他人任せな事をして、自分ではなんの努力もしなくて願いなんて叶うわけない!って現実派なタイプなんです。
では、なぜ年に何回もわざわざ神社に足を運んで、お賽銭を入れて手を合わせるかというと今うまくいっている事の報告と、今後の抱負を神様に宣言する為なんです。

人ってね、他人に対してはその人が持っているものとか優っている才能とかに目が行くくせに、自分に対しては足りない所や劣っているところにばかり目がいってしまうんです。隣の芝は青く見えるっていうけど、まさにその通りなんです。どんなに頑張っても、頑張ってもどうしても人と自分を比べてしまうと自分の足りないところ劣っているところにばかり目がいってしまうんですよね。

だから私は、神様の前では今自分がうまくいっている事、持っているものに感謝するようにしているんです。「こんな事がうまく進んでます。ありがとうございます」とか「目標が達成できました!ありがとうございます」とか、これを始めたらびっくりするぐらい次に参拝に行く時にいろんな事を報告できるようになってきたんです。自分の持っているものにフォーカスできるようになると、すごい気持ちも満たされて自分がどれだけ今幸せかを感じられるようになるんです。安心して前に進めるから、大切なものをもっと大切にしながら足元を固めてステージアップできる感じ。これにプラスして、次に参拝に来る時までの目標、抱負を宣言します。これをする事で今自分は何をする事が必要なのか重要なのかもしっかり整理できるようになります。

心が疲れていたり、なんだかちょっと暗く染まってしまっている時は、特に参拝をして感謝をする、宣言をする事が疲弊しきった心に潤いを与えてくれます。

スポンサードリンク