【フランスのことわざ】素敵な靴はあなたを素敵な場所に連れていってくれる

旅×仕事


ヨーロッパには「靴」にまつわることわざや言い伝えが多くあります。例えばイタリアでは「靴はその人の人格を表す」と言われボロボロの靴を履いていると、それだけで印象が悪くなってしまいます。

なかでも私は【フランスのことわざ】素敵な靴はあなたを素敵な場所に連れていってくれる。そしてその素敵な場所で素敵な出会いを与えてくれる。は宝物のように実践しています。

今回は素敵な靴を履く理由と素敵な靴が連れていってくれた素敵な旅と出会いのお話です♡

靴はいつも私を素敵な旅に連れていってくれる


どこかに旅をすると決めた時、何をきて行こうという事ももちろん考えるけど、どの靴を履いて行こうということも私にとってはすごく重要なことです。

アジアの街に旅に出るときは歩きやすい柔らかい靴。ヨーロッパの石段の上はかわいいけどおしゃれなブーツ。時には旅先に合わせて靴を買うこともありますし、旅の途中で新しい靴を買うこともあります。

その時にはいていた靴を見るたびに旅の思い出も蘇る。靴は私にとっては旅の相棒でもあります。

はき心地が良くて、見るたびに嬉しくなるぴったりの靴を履いていると歩くのがたのしくなって歩く予定もなかった小道まで軽い足取りでお散歩できます。そのちょっとした寄り道が思いもよらない素敵な出会いを引き寄せてくれることも沢山。

新しい靴を買うとなんだかどこかに行きたくなる


新しい靴は運気を上げると言われています。新しい靴を買うとその靴を履いてどこかに出かけたくなりますよね。そうして出かけた先で、思っても見なかった素敵な何かに出会える事が多くあります。

だから新しい靴を買うと運気があがると言われているんです。

特別な1足はなんでもない今日を特別にしてくれる


私は特別な旅の日にはどちらかというとデイユーズの靴を履きます。それとは逆に、何もない平日にとびっきりの靴を履く事が多いです。

キラキラのビジューがトキメクお気に入りの一足。足を綺麗に見せてくれるピンヒール。何でもない1日が素敵な靴を履いて出かけるだけで特別な一日中に変える事ができます