【カンボジア】トゥクトゥクの乗り方と相場!一日チャーターはおすすめ?ひとりでも大丈夫?

カンボジア


カンボジアのシュムリアップは、公共の交通機関がまだまだ発展していない素朴な自然が楽しめる国です。カンボジアでの移動手段は、タクシー(車)・バイクタクシーそして、トゥクトゥクの3つです。特に、観光客にとって一番利用しやすいのがバイクの後ろに座席が付いたトゥクトゥクです。よく言うと馬車みたいな感じ(笑)馬がタクシーに変わった感じですね!

複雑なメトロの乗換などがなく、行き場所を伝えればあとはトゥクトゥクに揺られるだけ♪と慣れてしまえばとっても便利でらくちんなトゥクトゥクですが、はじめての利用ではわからない事ばかり!どうやって捕まえればいいのか、相場はどれぐらいなのか、カンボジアに行く前から移動の事を考えるとドキドキしちゃいますよね!

今回は、はじめてのカンボジアではじめてのトゥクトゥクに挑戦した私が、これからカンボジアにおひとり女子旅に行く皆さんの為にトゥクトゥク講座を開講します♪しっかり学んで、快適なカンボジア旅を満喫しましょう!

【カンボジア】トゥクトゥクの乗り方と相場ってどのくらい?


はじめてのトゥクトゥクに乗るときは、どうやって捕まえればいいか、どれぐらいが相場なのかわからない事ばかりで迷ってしまいますよね。トゥクトゥクが捕まらなかったらどうしよう…なんて不安になっている方もいるかもしれませんが、シュムリアップの中心街がアンコール遺跡など有名どころの遺跡ではあふれんばかりのトゥクトゥクがいるので、捕まらない!という心配はご無用です!

むしろ、うっとうしいぐらいに行くところ行くとこで「トゥクトゥク?トゥクトゥク?」と声をかけられうんざりするぐらいです(笑)

トゥクトゥクに乗りたいなーっと思ったら、トゥクトゥクの近くを通れば一発で声をかけられるので行きたい場所を伝えて、金額を聞いたら乗ってしまえばOKです!

先に金額を聞くのはトラブルを避ける為。これって高いんじゃない?と思ったら、断って他を探すか希望の金額を提示しましょう!

私は3日間の滞在中、シュムリアップから割かし近場の遺跡を回った2日間トゥクトゥクを利用しました。

1日目は、ロリュオス遺跡群のプリアコー・バコン・ロレイを回りました。ホテル前に泊まっていたトゥクトゥクに声をかけられたのでそのまま乗車する事に。

バコンに行きたい!と言って、値段を聞いたら20ドル。はじめてのトゥクトゥク&はじめてのシュムリアップで距離感がまったくわからない私は、これって高いんじゃないの?と思い「20ドル??」っと強めに聞き返します。

そんな私に対して、ロリュオス遺跡群は遠いからそのぐらいだよ!と返すドライバーさん。帰国してから調べた所、ロリュオス遺跡群は40ドルぐらい払わされることがあるそうです。それに比べて20ドルって安いですね。ごめんなさい(笑)

しかも、遺跡見学中に待っていてくれるなんて思っていなかったプラス片道だけの料金だと思っていたのですが、プリアコー・バコン・ロレイすべて回ってくれてちゃんと見学中も待っててくれて、その上往復の料金で20ドル。

日本円にして2000円ちょっとです。たぶん3時間近く拘束したのに20ドルなんて、今思うとちょっと申し訳なくなるぐらいです…

2日目は、初日の空港からホテルまで送迎してくれたドライバーさんのごり押しの営業でまんまとお願いしてしまったトゥクトゥクのドライバーさんに、朝の5時から昼の12時ぐらいまでがっつりドライブをしてもらって30ドルでした。

この日行った場所は、アンコールワット・アンコールトム・タプローム。小回りコースと言われる周り方で、15ドル程度が平均。私はこの日早朝のサンライズを見る為に、朝の5時にドライバーさんに来てもらっていたので、この場合5ドル程度かかるのが通常です。合計すると20ドル程度。30ドルはちょっと割高ですね。

格好も、昨日のドライバーさんと比べて小ぎれいな格好をしていたし、トゥクトゥクもちょっときれいめだったし、何よりこの方個人でトゥクトゥクのドライバーをしているのではなく送迎会社の一社員さんです。ちゃんと名刺も渡されました。(無くしたけど…)

ちゃんと英語もばっちりしゃべっていたので、ちょっとお高いドライバーさんだったんですねー。値段が張るのがいや!という方は、ホテルで拾ったほうがよさそうです。
ちなみに、トゥクトゥクの料金はこちらのサイトを参考にするとよいです!

全部のトゥクトゥクに共通するかというと、そういうわけではありませんが目安として覚えて置けば「私ぼったくられてる!?」という不安もなく、トゥクトゥクを楽しむ事ができます。

まぁ、ぼったくりなんて旅のスパイスでしかないと私は思いますが。よくみんなが騒ぐぼったくられた!って現地の人が払う料金よりも、ちょっと上乗せして払わされたって事ですよね?でもそもそも、稼いでいる金額とか、お金の価値が国によって全く違うんだから、先進国である私たちが現地の人より多少多く払うのって当たり前じゃないの?って私は思います。

風俗店に行って、何十万も払わされたっていうんだったら別だけど、東南アジアの現地の人が路上で売っているようなお店で高々数ドル分多く払わされたぐらいでビービー言うなんてダサすぎる…って私は思っちゃいます。

だって、発展途上国の人達が、どれだけ安い賃金で働いているかって考えたらちょっとぐらい多めに払ってもばちは当たらないと思うんですよね。私達の普段の生活がどれだけ彼らの働きの恩恵を受けているか考えるすごくいい機会にもなります。

Prince d’ Angkor Hotel & Spa, Siem Reapの空港送迎を事前に予約!英語でのメールの書き方と体験レポ

2018.03.21

【カンボジア】トゥクトゥクは1日チャーターが良いの?その場でピックアップがおすすめ?


上記でもお話しましたが、一度トゥクトゥクに乗ると、最後にホテルに戻るまでどこまででもドライブしてくれるのがカンボジアのトゥクトゥクです。

なので、その場その場でピックアップという事はほぼほぼありえないでしょう。トゥクトゥクのドライバーさんも生活が懸かっているので、一度捕まえたお客さんはできるだけ長く捕まえておきたいと思っています。

トゥクトゥクのドライバーさんは目的について見学を終えて帰ってくると必ず「次はどこに行く?」と聞いてくれて、いろいろな場所を提案してくれます。

もちろんそうしたほうが自分の貰えるお金が増えるからです。でも、そうやって聞いてくれるから行きたい所にはしっかり行けて結構便利だったりします。

最終目的地に着いてからも、「明日はどこに行くの?」と次の日の予定も聞いてきたりします。

もし対応が良いドライバーさんだったら次の日もそのままお願いする方がおすすめです!

ドライバーさんも毎日お客さんを探して営業をかけるより、予定を入れてしまったほうが確実にお金を貰えるので次の日の予定を告げれば、指定した時間にホテルまで迎えに来てくれますよ!

こちらとしても、毎日同じドライバーさんに乗せてもらったほうが勝手もわかって安心ですよね。

【カンボジア】トゥクトゥクは女子ひとりで乗っても危なくないの?注意点は?

私はカンボジアのシュムリアップに滞在中の3日間の内2日間の遺跡巡りの移動はトゥクトゥクを利用しました。最後の1日はちょっと遠いベンメリアまでの移動だったので、車をチャーターしました。

初日のトゥクトゥクはホテルに泊まっていたトゥクトゥクを利用しました。シュムリアップ滞在中に歩く所、歩くところで、「トゥクトゥク?トゥクトゥク?」と声をかけられますが、正直ながしのトゥクトゥクはあまり信用できず、利用しませんでした。

ホテルのトゥクトゥクは、椅子もすごくきれいでしたしクッションも柔らかかったので長時間乗っていてもお尻が痛くなる事はありませんでした!

さらに、シュムリアップ郊外の遺跡に行く道はちょっとがたがた道が多いのですが、溝があったり揺れるであろう所はちゃんとドライバーさんがゆっくり走ってくれるので安全♡

そういうちょっとした心使いって本当に大事ですよね!それだけでかなり信用できます!

そして、ホテルにいるトゥクトゥクを選んだ理由はもう一つ!絶対に英語が通じるから!!!という点です。私も英語ペラペラって程ではないですが、それでもお互いに理解しあえる共通言語があるってだけで安心できます!

流しのトゥクトゥクは言葉が通じない可能性もあるのでちょっと不安ですよね。

ちなみに、カンボジアのトゥクトゥクは日本のタクシーとは違って目的の遺跡まで行くと、遺跡見学が終わるまで待っていてくれます!アメージング!

だから、遺跡について次に行きたかったり帰りたいのに足がない!ってこともなく安心です♡

ただし、ちゃんとどこで待っているかなどをお互いに確認し合わないと「私のトゥクトゥクどこ!?」って事になってしまうので、遺跡を目の前にしてはやる気持ちを抑えてしっかり待ち合わせ場所の確認はしておきましょうね!

トゥクトゥクに乗るときの注意点は3つあります。

まず、シュムリアップ郊外の道はまだまだ舗装されている道が少なく、自然のままの砂の上を走る事が多いです。特に乾季のカンボジアはめちゃくちゃ暑くて土も乾燥しきっているのでトゥクトゥクが走るとかなり舞い上がります。

さらに、車は排気ガスをバンバン出すので、サングラスで目をガードして、ストールで口を覆っておくのがマスト!無防備のままトゥクトゥクに乗るとかなり居心地の悪い体験をすることになるのでご注意を!

2つ目の注意点は、風です。トゥクトゥクは暑い季節でも風を切って走るのですごく気持ちよいです!

長時間の移動でも、暑さを感じず、むしろ涼しいぐらい!かなり快適に移動ができるのですが、風が吹くが故に帽子が飛ばされそうになるという難点があります。

実際私は1度飛ばしてしまし、「stop!!」と言ってドライバーさんに止まってもらった事もあります。

ストールなどもしっかり巻いていないと風にとばされてしまうので気を付けてくださいね!

最後に、気を付けてほしいのが揺れです。乗り物酔いしてしまう人は薬が必要かもってぐらいに結構揺れます。

とくにシュムリアップの中心市以外は道路がしっかり舗装されていないでこぼこ道が多く、ペットボトルなど椅子の上に置いておくとたちまち外にほおり出されてしまいます。

カバンに入れられる物はなるべく入れ込んで、カバンもしっかり手で持つか方にかけるようにしておきましょう!

【カンボジア】魅惑のアンコールワット♡シュムリアップ2泊3日おひとり女子旅

2018.03.20

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!