結婚って本当に必要??自由な旅人の私が考えるパートナーシップ

旅×仕事


こんにちは!
おひとり女子旅編集長の中嶋といろです♡

私は今年で28歳になります。世の女性は28歳と言えば、結婚を焦る年齢ですよね。よく、上司にも言われるんです「そろそろやばいじゃん」って(笑)

でもね、私は正直、逆に焦るぐらいに結婚に対しての焦りがないんですよね。もちろん1回ぐらいはしてもいいって思っていますが(笑)正直20代で結婚は…って思っちゃってる非乙女です。そんな事を今日歩いていてふと深ーく考えたのでちょっと小言をシェアしようと思います!

お互いに依存している同士が一緒にいてもお互いの時間を有意義に過ごせない

今の私はひとりをすごい満喫してます(笑)そりゃー毎月の様にひとり旅しているぐらいですからねぇ、充実しまくっちゃってますよね(笑)さらに仕事も好きな事をさせてもらい、個人事業の方でも、「ファンです!」と言ってもらえ、素敵な生徒さんやクライアントさんに頼っていただき、もう結構充実しているわけですよ。

ひとりでも十分に人生充実しているわけですよ!

でも、昔の20歳やそこいらの時の私って、結婚を逃げ道だと思ってたんです。それで、逃げ道として結婚してくれそうな人をキープしておかなきゃって思ってました。むしろそれがパートナーシップだって思ってました。

仕事がいやになったら結婚しようとか、自分ひとりじゃ食べていけないから結婚して養ってもらおうとか、女性ってみんながそういうわけじゃないけど、やっぱり経済的に支えてもらうために結婚したいって人が多いと思います。

それとは逆に、男性は精神的に支えてもらえたくて結婚する人が多いんじゃないかなぁと思います。だって、ご飯を作ってほしいとか、家事をやってほしいとか、家で帰りを待っていてほしいとか、精神的に楽になる為に結婚したいって人が多いと思うんですよね。

でも、そうやってお互いに依存する関係の2人が一緒にいて果たしてお互いに成長できるのかなぁっと私は考えます。依存しあって、お互いに何かを「欲しい!欲しい!」と奪い合う事が結婚であるなら私は必要ないと考えています。

これ、あくまでも”私”の事を言ってますからね。

ひとりでいても十分たのしい!だけどふたりならもっと楽しい!が理想

高校生の時、先生に言われた言葉で今でも私のパートナーシップの指標になっているのがひとりでいても十分たのしい!だけどふたりならもっと楽しい!という言葉です。

寂しいからパートナーをつくる、生活が苦しいからパートナーをつくる、ネガティブな感情の時にパートナーを持つことって結局ネガティブな結果しか生まないと思うんですよね。だってネガティブな「ほしい!ほしい!」の感情で見つけた相手だから、相手に対して「もっと頂戴!もっと頂戴!」になっちゃいますもん。

経済的にも、精神的にもしっかりお互い独立して、さらにふたりでいればお互い刺激しあえて更に高めあえるっていう関係であればそれはパートナーシップを持つべきだって思うんですよ!

例えば、佐々木希さんとアンジャッシュの渡部さんみたいに、渡部さんと結婚したから希ちゃんはごはんに関わるCMが増えたし、希ちゃんと結婚したから渡部さんの男としての株は上がったしっていう”win””win”の関係が私にとっては理想です。

だから、今私は、パートナーを持っても良いって思います。一人でも十分に自分の人生を楽しめているから♡ただ、別に結婚という形をとる必要があるかっていうと、私はないかなぁとも思っています。

何にもとらわれずいつも自由な旅人でいたい!

もちろんこの考えって私個人の考えです。何がいいたいかっていうと、世の中の常識は所詮他人の意見だってこと。誰かに結婚しないとやばいよって言われて結婚を焦る事がそれだけ不毛かって事(笑)女性は結婚しないと幸せになれないとか、結婚できない女性は負け組っていう考えがどれだけ時代遅れかって事(笑)

結婚って、昔の女性が社会に進出しずらい時代のシステムですよね。今はもう、自分の努力次第でいくらでも女性がビジネスを持てる時代です。もう、経済的に男性に支えてもらう必要なんて正直ないんです。だから、結婚がマストって考えてそれを押し付けてくる人の言葉に心をザワつかせる必要はないです。

私はスーパー合理主義者なので、あまり感情主義者のいう事は理解できません。どんなに「人として」と説かれても、合理的でなければ納得できません。それで今までだいぶ大変な思いをしてきたし、いろんな人から変わっているねって言われるけど、ここまでくると変わってるねは誉め言葉にさえ感じます(笑)

20代後半なのに結婚もしないで旅ばっかりしているなんて。
結婚したのに旦那を置いて旅ばっかりしているなんて。
子供がいるのにひとり旅をするなんて。

世の中の意見は、いつも私から自由を奪うから、私は常識には従わないって決めました。私は私の考える正義で生きていく!人に迷惑が掛からない程度にね♡世の中にはこういう常識外れもいるって事を、今悩んでいる女性がいれば知ってほしいなと思います。

旅好きな女子には、結婚よりも自分の自由を取りたいって女性がたくさんいます。実際に私のセミナーに来てくれる人、生徒さん、クライアントさんにもそういう女性が多いです。自由人な旅人らしいくて、私はすごく大好きです。

常識的な人に囲まれていると、まるで自分が悪人みたいに感じてしまう事もあるけど、大丈夫!世の中には変わり者の自由な旅人がたくさんいます!そういう仲間を作る事もすごく大事と私は思います。そういう仲間を見つければ、もっと心が自由になれます。

発信力で旅を仕事に変える!1dayセミナー

2018.02.15

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!