【手取り17万円】だった私が年に2回海外旅へ行くために手放した3つの事

旅×仕事


みなさんこんにちは!
おひとり女子旅編集長の中嶋といろです♡

私が【おひとり女子旅】をスタートさせて、もうすぐ1年。このメディアをスタートさせて本当に旅が身近になりました。ほぼほぼ毎月の様に旅をできるようになりました。

そんな私ですが、数年前までは手取りが17万円しかないどこにでもいるようなただのOLでした。いや、ただのOLだったらまだいい方か(笑)朝9時から24時まで働いて、有給も取れないぐらい忙しい激務OLでした(笑)

そんな私が旅の中で生きる事を決意して、たった17万円しかない手取り給料の中で一人暮らしをして、同居人のうさぎくんにも食べさせて(笑)、それでも年に2回以上海外に旅をできるようになったのは3つの事を手放したからでした。

今日は、「お金がなくて、時間がなくて、旅ができない!」という人に知ってほしい、私が旅の中で生きる為に手放した3つの事をご紹介します♪

「旅(好き)」を遠ざける言い訳を手放した

私はご存知の通り旅が大好きで、22歳までは旅をするためにフリーターをしていました。そんな私も夢だったウェブデザイナーになるために腹を決め25歳で正社員になりました。

正社員になってから2年。海外なんて1度もいけませんでした。海外に行くとしたら時間かかるし…忙しいクリエイター業なので有給なんか取ったら周りから白い目で見られるし…忙しくて海外なんていけない!と会社やら、周りの環境のせいにして旅に行けない言い訳を自分の中でいくつも作ってしまっていたのです。

でも、それってただの言い訳言い訳って傍から見れば「そんなの考え方しだいでいくらでも変えられる」こと、なんですよね(笑)

私がそのことに気づいたのは、旅に出れないストレスと、毎日の激務で4時間睡眠の末、体を壊した時でした。体が悲鳴をあげてやっと私は”今の生き方は私の人生じゃない”と気づいたのです。

そこから今まで言っていた言い訳を手放すことを決意しました。

お金がないならためればいいし。時間がないなら短時間でも行けるスケジューリングと国を探せばいい。周りからの白い目が怖いと思っていたことも、思い切って有給を申請してみると意外とすんなり通してもらえました。(しかも3日間も♡)

自分が「できない」って思う事は、実は自分で「できない」理由を必死に探していいることが原因だったりします。「できない」理由を言い訳にして、つらつら並べていてはいつまでたっても現状は変わりません。

言い訳は手放す。だって言い訳ばっかりしている私なんて好きになれないもん。

「旅(好き)」に関係ない人間関係を手放した

言い訳を手放した私が次にしたことは、今までなんとなく付き合ってきた人間関係を整理して手放すことでした。

友達って大切ですよね。特に小さいころから一緒の幼馴染とか、つらい時期を一緒に乗り越えてきた学生時代の友達とか、昔からの友達って会えば昔を懐かしめる本当に貴重な存在です。

ただ、そんな貴重な存在でも私にとっては手放す対象でした。それはなぜかというと、幼馴染や学生のころからの友達は、これから私がなりたいと思っている私とは違う世界にいる人たちだったから。

深く関わる5人の人平均の性格や外見、経済力があなたを表す

これってすごく有名な言葉ですよね。でも本当にその通り!普通の会社員をしていて、特に「大好き!」という仕事をしていない人たちに囲まれていると、結局自分もそうなってしまうんです。そりゃそーですよね、周りになじむように人間って出来てるし、好きじゃない仕事をすることが当たり前という意見しか聞けないんだから。

でもね、そういう人たちとの呑み会やら遊びやらに付き合っていくのは確かに楽しいけどこれからの私には必要ないって思ったんです。そういう人間関係を手放す事で、今まで使っていたお金を貯金できるようになりました。

月に5万円!月に5万円もためられれば、3か月で15万円。アジアの国だったら普通に行ける金額ですよね?

友達をなくしてまでしたくない…そう思うのであれば、あなたがしようとしている事はあなたにとって「大好きな事」ではないだけ!誰かがいないと楽しめないことなんて、自分にとって人生をかけてもいいほど好きな事ではないんです。

っと、ちょっときつい事を言いますが、友達がいなくなる!なんて心配は正直いりませんよ。今までだって、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、専門学校、会社といろいろなステージに上がっていきましたよね?そのたびに付き合う人って変わってないですか?いや、変わってるんです。変わらないはずないんです。

自分のステージが変われば、必然的にそれに見合った人間関係ができます。私だって、今は旅とビジネスの話ができる素敵な人たちに囲まれています(笑)

人間関係を手放す。最初はつらいけど、手放した先であなたの「好き」を共有できるもっと素敵な仲間がいると思えば、ちょっとがんばれそうじゃないですか?

「旅(好き)」を邪魔する時間を手放した

言い訳人間関係を手放した私が最後に手放したものは時間でした。

時は金成っていうように、時間って何よりも大事なもの。お金は無限だけど、時間は有限なんです。なので私は、今の私にとって必要のない時間を削り旅をするための時間に変えていきました。

例えば、いつもなんとなくだらだら見ていたテレビの時間。この時間を手放して、旅を仕事にして、旅の資金を貯めるための旅メディア【おひとり女子旅】を構築する時間にあてました。ドラマを見たり、同僚としゃべって終わる会社の昼休みも、ひたすら【おひとり女子旅】を構築する時間にあてました。

寝る時間は削りたくないから(私は8時間寝ないと体調も機嫌も悪くなる笑)、そのほかで削れる時間は徹底的に削り、これから大好きな旅をもっと自由に楽しめるようになるためのツール【おひとり女子旅】の構築に費やしました。それが最初の3か月。3か月って長いようで本当に一瞬です。

今では、この3か月が癖づいて【おひとり女子旅】の運用は毎日欠かさずしています(笑)

時間を手放す事。最初はすごくつらいけど、習慣化できれば何よりも強い味方になります。


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!