ひとり旅女性に出会いはあるの?本当にあったロマンスと気を付けたいポイント

旅の準備


ひと夏の恋とはよく言いますが、ひとり旅をしていると人肌恋しくなる時がふとあります。中には旅先で出会った男性と恋をしたり、1日だけの関係を持ったり…。女性がひとりで旅をしているとたくさんの出会いがあるのは事実です。特に初めての土地でちょっと不安そうにしている女性はかわいく見えたり、はたまた落としやすいと遊び相手を探している男性のターゲットにされてしまう事もあります。旅先で出会った素敵な相手とゴールイン!なんて事もあるぐらい旅の中にはロマンスがちりばめられているんです。出会いを求めての旅ではないにしろひとり旅で話し相手ができるのは楽しい物です。しかし、女性ならではの危険もありますからしっかり対処できるようにしておく事も必要ですよ!今回は、私と友人が経験したロマンスと実際に現地を旅して気づいた気を付けたいポイントをご案内します!

ひとり旅の女性に出会いはあるの?


ひとり旅をして、たまたま行ったカフェで相席になった素敵な男性に誘われて一緒に観光するうちに恋が芽生えた!なんてドラマみたいな展開は、正直100%ない!と言ってもいいでしょう。しかし、ユースホステルなど旅人同士が集まる宿に宿泊するとみんなが集まる共同ラウンジで他の旅人と交流できる機会があります。実際にそこで出会った男性と1日観光を一緒にして、最後に告白されお付き合いをするようになり結婚したという女性もいます。
ビジネスホテルや高級ホテルではほとんど出会いはありません!異性との出会いに限らず、海外で友達を作りたいと思うのならユースホステルや旅人宿はおすすめです!私は男性はありませんが、ユースホステルに泊まった際はドイツ人のお姉さんに食事に誘われたり、中国人の女の子と1晩中夢について語り合ったりと、ても素敵な経験をしました♪
ひとり旅でも寂しくない♡ヨーロッパ旅行は格安ユースホステルを使おう!

ひとり旅の女性が実際に体験したロマンス


私は実際に一晩の恋を経験した事はありませんが、やはり日本人は海外で人気があります。イタリアに行ったときは寝台列車の車掌さんに合う旅に「Beautiful」と言われ、隣の部屋にいるから何かあったら来てね!とジュースを貰いました。レストランで席を立つと、店員さんにすっと腕を出されトイレまでエスコートしてもらったこともあります。(これはたぶん半分お茶らけてるんだろうけど笑)
インド人のおじさんにも「日本人がすきなんだ!」と電車の中で話しかけられお菓子を貰ったこともあります。台湾では、中国人と思しき男性2人に声をかけられました。私は結構サバサバしていて、愛嬌もないタイプですがそんな私ですら声をかけられます。
ちなみに日本でひとり旅をしている時は、おじいさんにも声をかけられた事はありませんが、海外ひとり旅をしているとすごい時は1時間に1人ぐらいのスピードで声をかけられた事もありました。

ユースホステルで出会った男性と関係を持ってしまった友達

私の友人にはユースホステルで出会った男性と一晩を過ごし帰国後も連絡を取っていた女の子がいます。話を聞いてみると男性側は遊びのようでした。彼女自身も口では「どうせ遊びでしょ!」と言っていましたが、その経験が相当素敵だったらしく、その後もメールを送ったり電話をしたり相手が音信不通になるまで大分お熱を上げていました。
旅は非日常をかんじさせてくれます。しかもひとり旅で知らない土地にいると吊り橋効果の様に、不安なドキドキが相手の事が好きなドキドキと勘違いしてしまう事もあるでしょう。素敵な出会いは旅をたくさんしているともちろん1回や2回はあるでしょう。そこは大人なのですからしっかり責任をもって対処するようにしましょうね!

ひとり旅の女性が気を付けたいポイント

海外の国には、日本人の女性を狙って声をかけてくる男性もいます。例えば、インドネシアのバリ島には「ジゴロ」という女性からお金を貢いでもらい生活するいわば「ひも」の男性がいて旅行客に声をかけ、食事や観光を一緒にしていつの間にかホテルに一緒に上がり込んでいるなんて事があります。
実際に私もバリ島に行ったとき、若者の街クタではたくさんの男性に声をかけられました。「ジゴロ?ジゴロ?」と直接声をかけてくる強者から「可愛いね」や「ミヤサコデス!」とひと昔前のギャグをかましてくる男性もいました。実際バリにはそういったジゴロを買いに来る日本人女性もいるらしく、その気があればいいのでしょうが無視するのは悪いからなんて笑顔を見せるとしつこくついてきます。その気がないのならきっぱりムシ!返事をしても更に話しかけられるだけです。私はかなりシカトスキルが高いので、相手はこの世に存在しないというぐらいしかとします。そうすると「こいつはダメだ」と思うのか声をかけられなくなります。
大抵の国の男性は、日本人男性とは違い積極的、そして自然に声をかけてきてくれます。もちろん下心ありきの場合もありますが、女性がいたら声をかけないのは失礼とさえ思っている文化の国もあります。決してすべての人が悪人ではありませんが、その気がないのなら冷たくあしらう事も必要です。大人の女性らしく凛とした態度で接しましょう。


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!