魅惑のハロン湾で優雅にクルージング♪小舟に揺られ、洞窟探検!目いっぱい楽しめるツアーレポート

ベトナム


世界遺産のハロン湾に行くなら女性一人でも安心のツアーでゆったり楽々異世界感動体験♥

2017.10.23
の続編!バスで4時間の旅の後に待ち受けていたのは、待望のハロン湾です♪

ハロン湾の近くにはテーマパークやホテルが立っていて、さすが人気の観光スポットといった感じです。ハロン湾周遊の船に乗る為のチケット販売所にはそれこそテーマパーク状態の様に人があふれんばかりに並んでいて、駐車場もめちゃ込みでした。これはツアーで着て良かったかも…。

個人で来る場合は、ここでチケットを購入して自分で船に乗るようです。ハロン湾はもちろん船に乗らなくても見れますが、ハロン湾の注目スポットでもある石灰岩は船でしか見る事が出来ないので、ハロン湾に観光をしに行くなら船に乗る事はマストです。

今回の私のツアーでは、チケットもガイドさんが取ってくれるので人任せにただついていけばいいだけ。すごく楽ちんだけど、気になるお土産屋さんやお気に入りのスポットを見つけてもそこでゆっくり過ごすという事ができないのが団体行動の難点…。まぁたまにはいいでしょう♥

チケット売り場を通り抜けてさっそく乗船です♥

チケット売り場を通り抜けると、ちょっとした売店がありハロン湾ツアー用のたくさんの船が停泊している港に出ていきます。お土産屋さんと言ってもちょこっとしたもので、市内でも十分変えるような物だったのでわざわざここで買う人はいないだろうなぁといった感じ。

ぐんぐん進んでいくと船が見えてきます。

ここで船に乗り込んで、いざハロン湾ツアーへ!

乗って数分するとすぐに昼食が運ばれてきます。昼食はツアー料金に含まれていて、ビールなどの飲み物は別料金になっています。
男性陣はみんなビールを頼みます。私はビールが好きではないので、持参のお水で!

ひとり一皿という感じではなく、テーブルごとに大皿で料理が運ばれてきます。席は日本人でまとまって座るように指示されていたので料理も日本人6人でシェアします。

正直これはしんどかった。見ず知らずの人と料理をシェアするのはなかなか自分の好きな物を食べれないし、結局私は気を使ってお米を食べられませんでした。だれか気の利く人がいればみんなが取りやすいようにしてくれるのだろうけど、女性2人は窓際のはじに座って真ん中の男性が上手い事回しせなかったので同じものばかりしか食べられないという何とも後味の悪い食事時間でした。

こうしている間にも船はどんどん進んでいきます。

窓の外は本当にきれいな海と空。そして無数の石灰岩がそびえたつ何とも神秘的な景色。他のクルーズ船もたくさん出ています。

そうしている間に、第1のフォトスポット”ゴリラ石灰岩”の近くに接近です!

言われてみればゴリラに見えない事もないカモ…

窓からの風邪はすごくここちよいです。塩の香りになんだか穏やかな気持ちになってきます。

ゆっくりしている間もなく、1つ目の観光スポットに停留します。

ここでは、クルーズ船では入れない洞窟の中に現地の人のこぐ小舟に乗換て探索する事ができます。小舟に乗るには別料金で20万VNDかかります。
ガイドさんの話によると、日本人は小舟に3人程度で乗るけど、韓国人などは5人以上で乗る為乗船料が安いらしいです。日本人は安全第一だから、多少高くでも少ない人数で転覆しないようにしているという事でした。日本語ガイドさんは、日本人の事は好きみたいですが他の国の人の事はちょいちょいディスります。中国の汚染水がベトナムの川に流れてくるとかバスの中でも話していました。隣国って何かともめるんですよね。やっぱり似た者同士だとちょっとした事が気に障るんだろうなぁ。日本と韓国だってちょっとした事でトラブルになったりしますしね。

小舟に乗る前に、ガイドさんが僕は一緒に乗れないからここで説明します。と地図を指さしながらコースを説明してくれました。

私は、他の日本人参加者の男性2人と一緒に小舟に乗りました。どうやらこのお二人もそれぞれひとり旅らしいです。

ゆらゆらと揺れる小舟。すぐ近くの海に最初は少し恐怖を感じます。

そのうち、小舟の揺れも心地よくなってきます。何より風が気持ちい!

こぎ足してすぐに洞窟の中に入っていきます。

そこを抜けると、石灰岩に囲まれた所に出ます。

小舟を漕いでくれている地元の人に、チップ(5,000VNDぐらい)を渡すとスマホで写真を撮ってくれます。

ちなみにここは見ると幸せになれる猫ちゃんの岩があるといわれている場所。

小舟を漕いでくれているおばちゃんが岩を指をさして「ミャーオ」と私に教えてくれました。
おばちゃんかわいい♥

ここからぐんぐん漕いで元の場所に戻ります。

たぶん20分ぐらいのルートだったと思います。
それからまたクルーズ船に乗り換えて、次に鍾乳洞を目指します。

クルーズ船に乗ると、すぐに第2のフォトスポット”狛犬石灰岩”が見えます。

クルージング船の2階にはデッキがあって、そこに座って景色を楽しむことができます。

デッキからだとこんな素敵な写真も取れます♥

ただし、めちゃくちゃ暑い!

太陽ガンガンに浴びるので10分と持ちません。
そうしている間に、鍾乳洞のある島に到着。

ここでまた停留してガイドさんについて歩き出します。

なんと虹が出ていました!きれい♥ラッキー♪

日本で鍾乳洞といえば、地下にあってとても涼しい印象がありますよね。ですが、ハロン湾の鍾乳洞は島を上っていかなければいけません。もともとは地下にあったのが、どんどん地上に上がってきて発見されたようなので炎天下の中、プチ登山をしなければいけません。

急な階段をぐんぐん上っていきます。

休憩スポットで1分だけ休憩をくれるガイドさん。それにしても暑い!
そうしている間に鍾乳洞に到着。中はまるでアトラクション用に作られたのではないかというぐらい美しい。

色とりどりのライトアップが幻想的です。

ここでもガイドさんはいろいろと説明してくれました。

岩からこぼれる光がきれい!

洞窟から出ると休憩所があります。ここの景色がすごくきれい!

10分程度探検をして、今度は島を下っていきます。

すごい草だらけ

下っていくと、クルージング船に再び戻ります。それにしても船だらけ。多すぎて港から出るのにかなり時間がかかりました。船がぶつかりあってキーキー言っているのがすごく怖い…。転覆しない?大丈夫?

ハロン湾は4時間程度の滞在。本当に一瞬で終わってしまったけど、すごくきれいでした♥景色が何より美しくてもっとゆっくり見ていたいなぁと思うほど!もともとは4時間も時間いらないんじゃない?なんて思っていた私ですが、機会があれば1日宿泊プランでまた来たいと思うほどその美しさに魅了されてしまいました♥

港に着くと元の道を戻って、行と同じバスに乗ります。ここからまた4時間の旅路。帰りも歩き疲れて爆睡。同じお土産屋さんで20分程度の休憩をとってバスを走られる頃にはもうあたりは真っ暗になってきていました。
渋滞すると、帰るのが深夜の2時過ぎになると行きのバスの中で言われていましたがこの日はそれほど渋滞もなく、もともと予定した時間の1時間遅れの21時ごろにヒルトンハノイオペラホテル前に到着♪

お昼ごはんを十分に食べれなかった私はお腹ペコペコ。だけも歩き疲れて旧市街にご飯を旅に行く元気はなかったので、ホテルのすぐお隣にあるハイランズコーヒーでバインミーとコーヒーで簡単に夕食を取る事に。

バインミーにはパクチーなどの香草が入っていて、コーヒーもベトナム風のめちゃくちゃ濃くて甘い味で疲れた体にはちょうど良い刺激でした。
ちなみにハイランズコーヒーではみんなが抹茶のフラペチーノみたいなのを飲んでました。

気になったので私次の日に試してみたら、甘くない優しい生クリームと下の方に入っているちょっと苦い抹茶のゼリーでパフェみたいなすごくおいしいドリンクでした♪おすすめ!

ハイランズコーヒーは本当にヒルトン ハノイ オペラホテルの目の前なので、夜遅くにツアーで帰ってきてもご飯が食べられておすすめです♪

おひとり女子旅にぴったり♪ハノイを楽しむなら立地もばっちりで女子心をくすぐるヒルトン ハノイ オペラへ♥

2017.10.14

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!