トラベルライター になる方法

webライターでフリーランスになる方法は?【未経験から始めて初月で23万円稼いだ私が教える】

中嶋といろ
中嶋といろ
こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。

私は現在、フリーランスのライター(トラベルライター)として活動しています。フリーランスになった初月で23万円以上を稼ぎました!

webライターになりたい人
webライターになりたい人
webライターは資格がなくてもなれるって聞いたけど、未経験からでもフリーランスを目指せるのかな?

面倒な人間関係に悩まされたり、場所や時間にとらわれたりする働き方を一生続けていくのは無理だから、在宅で自由にできるwebライターになりたいなぁ。

でも、知り合いにwebライターもいないし、どうやって始めればいいのか、どうやって稼げばいいのかも分からないから、フリーランスでwebライターをしている人に聞きたいなぁ。

教えて!

今回は、こんな悩みを解決するための記事を書きました!

この記事を読むと、

・webライターでフリー ランスを目指す方法
・webライターの始め方
・webライターとして稼ぐ方法

が解ります。

では、どうぞ!

webライターでフリーランスになる方法は?


webライターでフリーランスになりたいなら、1文字2円以上の案件を継続的に何社か、から受注しましょう!

webライターの収入は、1本の記事の値段ではなく1文字の値段で決まる事が一般的です。そのため、文字単価は2円以上の案件を受ける事が、webライターでフリーランスになるための条件となります。

例えば、私の場合。
1記事4000文字程度を約4時間で書き上げます。1文字2円なので、1記事約8,000円の報酬になります。
だいたい時給2,000円ぐらいの計算になります。時給2,000円なら普通に会社員と変わらないぐらいですよね。

これを1日に2本書けば…っと考えると、生活できるだけのお金がwebライターのお仕事だけで稼げるようになります。

一方、初心者のwebライターの場合。
多くの初心者webライターは1文字0.5円程度で案件を受注することが一般的です。
1記事4000文字程度を約4時間で書き上げたとしても、2,000円の報酬しかもらえません。これを時給計算すると500円
時給500円って、普通に高校生以下ですよ。
これじゃ、生活費を稼げないのは当たりまえですよね。

そして、大切なのはお仕事を下さるクライアントを何社か得ておくことです。

1文字2円でお仕事を受注できたとしても、1か月に5,000文字の記事5本しかもらえなければ5万円しか稼げません。
これじゃ生活できませんよね。

しかし、1か月に5,000文字の記事5本くださるクライアントが5社居たら、1か月に稼げるのは25万円となります。
これなら生活できますね。

フリーランスは会社員ではないので、固定された給料ではありません。そのため、クライアント側も必要な分だけお仕事を依頼してくれます。

クライアント
クライアント
今月は10本あるんですけど、来月は2本だけでOKです!
あ、でも、その翌月は6本お願いします!

と、月によって受注できる本数もバラバラです。

そのため、1社(1人のクライアント)に依存するのは危険です。
何社かコンスタントにお仕事をいただけるクライアントを得ておくことで、毎月生活ができるだけの報酬を得られるようになります。

というわけで、フリーランスのwebライターになるのなら、1文字2円以上の案件を継続的に何社からか受注することが1つの目安になります。

フリーランスwebライターの収入


フリーランスwebライターの収入は、月3万円しか稼げない人もいれば月100万以上稼ぐツワモノまで!自分の努力次第で変わります。

上記でも説明した通り、webライターの報酬は文字単価で決まります。
さらに、毎月継続してお仕事を依頼してくれるクライアントがいるかいないかでも収入に差が出てきます。
継続して依頼頂けると、営業時間が削れるのでその分作業ができて収入につながるからです。

さらに、記事をかく分野によっても報酬に差があります。
例えば、恋愛やインテリア(ライフスタイル)、美容系の記事は案件数は多いものの文字単価は1文字1円前後が多いです。
一方、専門的な知識が必要な医療や金融、住宅系などは1文字3円以上の案件が多いです。

ただし、これは一般的な文字単価です。
恋愛系のwebライターでも、1文字3円以上もらっているwebライターもいます。なぜなら、他のwebライターに安い文字単価でお願いするより、多少文字単価が高くてもその人にお願いした方が効果がでるからです。

自分の専門分野を作る事で、文字単価は上げてもらいやすくなりますし、継続してご依頼をいただきやすくなります。
例えば、私は「旅」専門のライターです。旅やおでかけのスポットやサービス、商品の紹介が専門のライターです。

そのため、文字単価の高い「金融系」の記事や、案件が多い「恋愛系」の記事は書きません。その代わり、「旅系」の記事であれば、他のwebライターより質の良い記事を書ける自信があります。

なぜなら、私は「旅」の知識が多く、私自身がよく旅をしている為、旅人(読者)目線に立った記事や、現地のオリジナル写真を提供できるからです。

読む人にしたって、同じスポット紹介でも、年に1回しか旅行しない人より、毎月のように旅してる旅人の書いた記事の方が読みたいと思いますよね?

webライターと言っても、記事を書くカテゴリーは様々です。まずは自分の専門分野を決め、その分野を突き詰めましょう。そうすることで、文字単価の高い案件をいただくことができ、余裕を持った生活を送れる収入を得ることができます。

Webライターでフリーランスになるステップ


失敗しないフリーランスのWebライターになる方法は、ブログでスキルアップして、クラウドソーシングで実績を作り、業務委託契約を何社かと結ぶ事です。
フリーランスのwebライターを目指すには、まずは初心者を脱出しなければいけません。ここでいう初心者とは何かというと、「実績がない」状態です。

webライターとしてお仕事をもらうとき、「実績」は必要不可欠です。

あなたが歯医者さんに行ったとき、虫歯の治療をしたことのないお医者さんと、年間1,000件以上の治療をしているお医者さんだったらどちらに治療をお願いしたいですか?
もちろん後者「年間1,000件以上の治療をしているお医者さん」ですよね。

webライターでも同様です。
あなたがどんなに良い文章を書けるポテンシャルを持っていても、それが証明できなければお仕事はもらえません。
だから「実績」のない初心者は、なかなかお仕事がもらえないし、もらえたとしても1文字0.5円程度の激安案件になってしまいます。

そこで、まず作りたいのがブログです。
ブログに何記事も書くことで、実績として使えます。
さらに、ブログをコツコツ書くことで文章力を向上させることもできるので、一石二鳥です。

ブログに何記事が掛けたら、その実績を引き連れてクラウドソーシングに応募しましょう。
最初は1文字0.5円から始めて、1円、1.5円、2円と実績を作りながらスキルアップしていきましょう。

クラウドソーシングで案件を数件こなしたら、自分の専門分野のメディアを探しライターとして業務委託契約をしてもらいましょう。
この時、1文字2円以上の交渉をしましょう。

1文字2円以上の業務委託契約が数社できれば、フリーランスとして独立してもまぁ大丈夫でしょう。
心配なら、目標金額を設定して(1か月15万円など)3か月間継続できればなど目標を決めてみましょう。

正直な話、私はフリーランスとして独立した時、クライアントは1社(ひとり)もいない状態でした。
ただ、ブログは300記事以上書いていたし、クラウドソーシングでの実績も持っていたので、鬼のように営業しまくってフリーランスとして独立した初月に23万円の報酬を得る事ができました。

すぐすぐフリーランスになるつもりはなくても、いつかフリーランスのwebライターとして自由に生きたいと思うなら、今のうちに最低でもブログは作っておきましょう。

ブログの作り方は、
旅ブログの作り方!【超具体的】初心者が今すぐできる5つの手順
の記事で詳しく説明しています。
旅ブログだけじゃなくて、その他のカテゴリーのブログでも同様に作れるので参考にしてみてください。

フリーランスのwebライターになるためのスキルアップ方法

本を読む

何事でもそうですが、何か新しい事を学ぶなら、その道のプロの知識をインプットするのが一番効果的です。

中でも本は、たかだか数千円でその道の第一線で活躍するプロの知識を得られる、最強ツールだと私は思っています。

私もライターになりたての頃は、鬼のように本を読み漁りました。
中でも以下の本は、読みやすくライター初心者にはめちゃくちゃ為になる内容だったのでおすすめです。

SNSをうまく活用する

本を読んで得たインプットは、SNSを使ってアウトプットしましょう。

特にTwitterは文字数が140文字までという制限があります。そのため、重要な事柄だけを選び自分で要約しなくてはいけません。

だらだら長い文章を書くのは、誰にでもできます。しかし、限られた文字数の中でわかりやすい文章を書くことは意外と難しいです。

TwitterをはじめとするSNSでは、わかりやすく短い文章を書く練習ができます。しかも、公の場で自分の文章が公開されるので、人からのリアクションをもらえる事もモチベーションにつながります。

あなたが解りやすい文章を書いたら、その文章を見た誰かが「いいね!」やコメントをくれるからです。

文章は人に見られる事を意識すると、各段に成長します。

特にSNSは無料で気軽にはじめられるので、今日からでもできますよね。

ブログを書きまくる

一番わかりやすくて効果的なのが、ひたすら文章を書きまくる!!!ことです。

継続は力なりと言いますが、今日から始めて突然文章を書くのがうまくなるなんてことはあり得ません。

毎日、毎日、コツコツと文章を書く練習を続けることで、着実にスキルアップできます。
そこでおすすめなのがブログです。

ブログは自分のコツコツ書き溜めていくことで、過去の記事を振り返る事ができます。半年から1年前の記事を読みかえると、あまりのへたくそさ(何言ってるのかわからない記事)に驚愕します。

でも、これは自分の文章力が上がった証拠!過去の記事を読みかえるのは恥ずかしいのですが、自分の成長も目に見えてわかるので自身につながります。

さらに、はじめからお金をいただいて文章を書くのは、初心者であれば「申し訳ない…。」と思ってしまう気持ちもあるでしょうし、何よりド初心者で実績もないライターに仕事を振ってくれるお人よしな企業さんはなかなかいません。

あなたの書いた文章(実績)を見て、「この人だったら大丈夫そう。」と思うから、貴重なお金を払ってあなたにライティングの依頼をしてくれるのです。

実績作りという意味でも、ブログをコツコツ書き溜めておくのはおすすめです。

私も、ライターになりたての頃は、ブログを書きまくって、実績として企業さんに提出していました。

今ではブログを見てくれたクライアントから直接ライティングのご依頼をいただけるようにもなったので、seoライターとして稼ぎたいならブログの運営は必要不可欠です。

スクールに通う

スクールには絶対通わなければいけないというわけではありません。フリーランスのwebライターには、独学でも十分になります。

ではなぜスクールに通う事がスキルアップにつながるかというと、人とのつながりができるからです。

スクールに通うメリットは、

・正しいライティングのスキルを教えてもらえるから自信がつく
・スクール経由で仕事がもらえる
・同じ目標を持った仲間ができる

という事です。

ライターは資格がないため、自分で本などを読み勉強するしかありません。ただし、どんなに勉強しても正解はありませんし、孤独で勉強していると「本当に自分の勉強法は正しいのか?」と不安になる事もあります。

さらに、未経験であれば、仕事が取れるまで苦労する場合もあるかもしれません。

その点、スクールに通えば正しい知識を教えてもらえ、仕事の工面もしれもらえます。さらに、同じ目標を持った仲間ができるので孤独に陥る事もありません。

例えば、最近Twitterの#シーメイトで話題の【SHElikes】でも、具体的な知識を教えるだけではなく、【SHElikes】を通じて大手のお仕事を受注できたり、仲間作りもできる事で人気です。

そういったメリットを求めるなら、スクールに通う価値があるでしょう。

企業メディアに就職してみる

いきなりフリーランスになるのは不安だけど、将来的にはwebライターになりたいからお金をもらいながらフリーランスになるための勉強と準備をしたいというのなら、メディアを持つ企業に就職してみるのもひとつの手です。

未経験で、1度もライティングをお仕事としてしたことがないなら、本当に自分に合っているのかをテストするという意味でも一度就職してみてもいいかもしれませんね。

webライターを募集している企業は、転職サイトで見つける事ができますよ。

正しい行動をすればWebライターでフリーランスには誰でもなれる!


webライターは資格が必要のない仕事なので、誰でもなる事ができます。
パソコンひとつあればできるので、自宅やカフェなど好きな場所で仕事ができますし、働く時間も自分で好きなようにコントロールすることができます。

ただし、生活できるだけの収入を得るwebライターになるには正しい方法で行動、努力をしなければいけません。

・ブログを作る
・文字単価は2円以上の案件を受ける
・継続してお仕事をいただけるクライアントを複数得る

など、フリーランスのwebライターとしてしっかり生計を立てられるように準備をしましょう。

ライター、デザイナー、ディレクター
中嶋といろ
旅に関わるクリエイティブを作る人。 旅するために25歳までフリーター。その後、正社員になるも旅ができないことにストレスを感じプチ鬱。好きなことだけして生きることを決め、トラベルライター、Webデザイナー・ディレクターに。お仕事のご依頼はメールにてお願いします。
\ Follow me /