リバモア

ひとり旅の楽しみ方♡女性が海外で豊かな学びを得る3つのポイント

旅行をしていると、どうしても同行者の意見で自分の行きたい所したい事をすべてする事が出来なくなってしまいます。

相手の興味のない事であれば一切諦めて、お互いの共通点である事のみにフォーカスしたいわば「普通の」旅になってしまう事が多いでしょう。

その点ひとり旅は、自分の好きな事、興味のある事だけにフォーカスできるオリジナル旅を楽しむことができます。オリジナル旅では、自分の好きだけにフォーカスを当てた楽しい旅をできる事はもちろんですが、少し視点をずらしたり工夫を加える事でもっと豊かに学びの多い旅をすることができます。

せっかく限りある時間を使って、選びに選び抜いた国に行ったのならその国の文化に触れて、大好きな国の一つにしたいですよね!

今回は、ひとり旅初心者でも、ひとり旅常連でも、旅がもっと豊かになり学びが増えるコツをご紹介します♪

ひとり旅の楽しみ方【01】女性ひとりでも安心♪早朝お散歩は、文化を知る第一歩!

東南アジアの国の朝は非常に速いです。朝6時過ぎには奥の人が活発に思い思いの時間を過ごしています。

ベトナム・ハノイでは、朝5時半すぎにも関わらずたくさんの人が旧市街のホアンキアム湖周りの公園に集まり体操をしたりランニングをしたり、平日の朝にも関わらず余裕をもって過ごしていました。

「歴史は夜に作られる」とは言いますが、朝はその国の文化を色濃く作り出しているように思えます。日本の様に朝はぎりぎりまで寝て、通勤ラッシュで会社に向かうという文化はベトナムにはありませんでした。

そういった、それぞれの国の特有の文化を知る事で、自分の”常識”は他人の”非常識”であり、常識はただの意見である事に気づける心の余裕を持てるようになります。

ハノイで知った心穏やかに1日を過ごす3つの方法!自分と向き合う贅沢朝時間をベトナム・ハノイの朝はとっても早いです。薄暗い朝の5時過ぎ位から、旧市街近くのホアンキエム湖にはたくさんの人が集まってきて思い思いの時間...

ひとり旅の楽しみ方【02】海外のローカルな市場とスーパーは暮らしを紐解くヒント♪

世界各国、大体の主要な都市には市場(バザール・スーク・マーケット)があり市民の暮らしの中心となっています。

衣食住すべてのものがそろう市場に行けば、その土地に住む人たちがどんなものを食べてどんな物を着てどんなものを使って生きているかを図らずとも垣間見る事ができます。お土産を安く、そして素敵な物を買いたいのであれば市場はおすすめです!たいていの国では価格交渉をする力も鍛えられますので、1度チャレンジしてみるといいでしょう♪

さすがに値段交渉はまだ気が引けるという人は、値段は決まっているけど日本ではなかなか見る事ができないようなローカルフードの宝庫です。

特にお茶やコーヒーなどはお土産としても購入しやすく、持ち帰りも楽ちん♪お酒好きであればスーパーで格安の現地のお酒を選ぶのも楽しみの一つです。

ユースホステルなどの安宿に泊まっている場合は、1食ぐらいはスーパーで現地の人が食べている食材を自分で選んで調理してみても楽しいですよ♪

旅行のお土産はスーパーで!会社用のばらまきとスリムな荷詰め方法♪旅の楽しみのひとつに、行った土地での特産やその旅の思い出がたっぷり詰め込まれたお土産を買う事が挙げられますよね! 今度はいくつるか...
ハノイのお土産はスーパーでばらまき用を買うのがおすすめ!Intimexが最強すぎた!楽しいハノイ旅の終わりに、「さぁ会社や家族、友達にばらまき土産を買おう!!」となった時にふと思うのが「あれ?ハノイってばらまき土産で有名...
カンボジアのお土産はスーパーがおすすめ!ラッキーモールで買える物と値段♡カンボジアと言えば、アンコールワット!ワクワクの非日常を体験できる遺跡巡りがメインの旅になりますよね?遺跡巡りをして、オールドマーケット...

ひとり旅の楽しみ方【03】乗り物を使わずに歩くと見えなかったものが見えて心がぐっと豊かになる

私は歩くのが大好きです。徒歩15分ぐらいであればどこの国でも平気で歩いていきます。

ローカルバスやタクシーを使ってももちろん町の景色は楽しめますが、実際に歩いてみるとたくさんの発見があります。

アジアの街であれば、突然かわいい鶏に出会えたり(そのうち食べられちゃうのかな?)ヨーロッパの町なら、かわいいお家や素敵な教会で思わぬ素敵な経験につながるなんて事もたくさんありました。

移動距離が長いところは乗り物を使って移動する事は必須ですが、ホテルの周りをちょっと歩いてスーパーに行ってみる。コンビニに水を買いに行ってみる。など少しでも現地の人の暮らしにふれるように歩いてみると、その国との距離感がぐんと近づきます。

ただし、日本と同じ感覚で日が暮れてからの女性の一人歩きをするのは気を付けてください。ひと気はあるのか、治安は悪くないのか、しっかり確認して日中の人が多く明るい時間に歩くようにしましょうね!

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。 毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

旅メディア【おひとり女子旅】のおかげで、ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼がきて、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!

大好きな事を仕事にする【メールレッスン】