イタリア・ベローナの観光地でおすすめなのはここ!ジュリエットの家とテアトロ ロマーノでロマンチックに♪

イタリア


イタリアで観光客が4番目に多いと言われる街【ベローナ】をご存知ですか?シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」のジュリエットの家で有名なこの町ですが、実はおひとり女子旅では外れない街歩きにピッタリの町なのです♥町中が世界遺産に登録されていて、何処を歩いても心がときめく古代ローマの面影がたくさん!さらに女子が歩いて一周できる小さな町なのでゆっくり自分のペースで歴史をたどる旅ができます♪今回は、イタリア旅の立ち寄りスポットとして超弾丸でも立ち寄りたいベローナの外せない2つのスポットをご紹介しまう♪

ベローナの観光地はここがおすすめ!

ベローナはベネト州ベローナ県の県庁所在地で、ヴェネチアから2時間程度の所にあるローマ時代の面影を色濃く残す古都としてイタリアで4番目の観光客の多さを誇ります。私はヴィツェンツァからベローナに観光に来ました。

ヴィチェンツァはイタリア旅にピッタリの滞在地!周辺都市に半日トリップ♥

2000年の11月に世界文化遺産に町全体が登録されたベローナは、どこを歩いても歴史を感じられる美しい風景が溢れ、街歩きするにはもってこいの観光地です。

ベローナは町全体が世界遺産なだけあって、見どころは盛りだくさん!ローマ時代に造られた保存の面で世界一の円形闘技場アレーナ、ローマ時代に造られた保存の面で世界一の円形闘技場アレーナ、美術館や博物館もたくさんあります。

中でも、今回はおひとり女子旅で訪れたい、ぜったい外せない2つのスポットをご紹介していきます。

ベローナの観光地は大人気のジュリエットの家はマスト!

ベローナで一番人気の観光スポットといえば、ジェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」のなかで、「おお、ロミオ、あなたはどうしてロミオなの」と歌った場面で有名な【ジュリエットの家】です。

ジュリエットの家には、ジュリエット像があり、右の胸に触ると恋愛成就、結婚できる、という伝説がありがあるそうです。なのでジュリエット像は右胸だけぴかぴか!でもロミオとジュリエットって結局結ばれてないですよね…恋愛成就、結婚…

とは言え、大人気のジュリエットの家。右胸を触るのにも一苦労です。人が移ってない写真を取れたのは奇跡に近いと思っています(笑う)

こちらが、あの有名なロミオがジュリエットに会いに行くバルコニー。実はこのバルコニー当初は存在しなかったそうです。ロミジュリのファンからの要望で後付けされたらしい…。ファンの力は偉大です。

音声を聞ける、電話のようなものもありました。

お土産屋さんも併設されているので、友達や彼にツインのお土産を買って行っても楽しいですね♪


【アドレス】Via Cappello 23, 37121, Verona, Italy
【入館料】無料

ベローナの観光地は街を見渡せるテアトロ ロマーノへ!

ジュリエットの家を後にしたら、古代ローマの香りが色濃く残る街並みの中を更に進んでいきます。アディジェ川に架かる古代ローマ時代に起源を持つ石造のアーチの橋【ピエトラ橋】を渡ったら、馬車の足音が聞こえてきそうな街並みが広がる旧市街にたどり着きます。

橋を渡って、右に少し歩くと見えてくるのが古代ローマに創られた【テアトロ ロマーノ】です。

外観からして、すでに時めくアンティーク感♥さっそく中に入ります。受付でチケットを買ったら、さっそくテアトロ ロマーノを見学します!

テアトロ ロマーノは、紀元前1世紀、アウグストス皇帝時代にアディジェ川の左川岸に位置する丘の斜面に建てられました、当時の北イタリアでは最大の劇場でした。19世紀の初めにヴェローナ出身の考古学者 アンドレア・モンガ氏が遺跡の発掘を行ったことから、テアトロ ロマーノは考古学博物も併設しています。修道院とサンシーロ教会も博物館の一部になっていて、15世紀のフレスコ画も見ることができます。

夏の間はテアトロ ロマーノの広場内に仮設の椅子が置かれシェークスピアの劇、コンサート、バレーなどを夏の夜の涼しい風に吹かれすぐ近くを流れるアディジェ川のせせらぎを感じながら楽しむ事ができます。

普段は椅子は置かれていませんが、古代ローマの人も座ったであろう石段に腰を下ろす事ができます。

テアトロ ロマーノをおひとり女子旅でおすすめしたい最大の理由は、なんといてもゴート族のテオドリック王などをはじめとするたくさんの王様からも愛された美しいベローナの町が一望できる所です!

私が思う、ザ・イタリア!といった絶景です!赤土のかわいらしい家々に、つんととんがった糸杉、そしてちょっとくすんだ空。ため息が出る程美しいこの景色に、何人もの王や権力者が魅了されテアトロ ロマーノは長い間この場所に鎮座しています。

【アドレス】Piazza della Liberta, Spoleto, Italy
【営業時間】月曜日 13:30~19:30、火~日 8:30~19:30(最終入館18:30)
【入館料】4.50ユーロ
【サイト】https://museoarcheologico.comune.verona.it/


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!