夢を叶えるたった一つの方法!ノートや画像を見るだけではダメだったその理由は…

旅×仕事


あなたには叶えたい夢がありますか?逆に、叶えられずに諦めてしまった夢はありますか?ノートに書いたり、壁に張ったり、夢の叶え方には様々な方法があります。たくさんの人がその方法をチャレンジしますが、実際に叶えられる人は100%ではないのが事実です。実は、この叶えられない人達にはある脳の機能に従った原因がありました。今回は、豊かな成功者ならみんな知っている脳の機能を使った夢を叶える方法をご紹介します。

夢を叶える方法はたったひとつの原則だった

夢は口に出すと叶う、夢はあきらめなければ叶う、信じ続ければ必ず叶う!よく聞く言葉です。しかしそういいながらも多くの人が夢を叶えられずに、諦めてしまうのはどうしてでしょう。実はどんな事をしても、ある一つの原則を守っていなければ夢はいつの間にか消え去ってしまうのです。その原則というのが「夢を忘れないようにする」という事です。「そんなのできてるよ!」と思いますか?では、小学生の時に思い描いていた夢を全て言えるでしょうか?人は忘れる生き物です。忘れるからこそ、多くの情報を処理出来たり、辛い過去にとらわれずに生きていけます。しかし、幸か不幸か人は描いた夢さえ忘れてしまいます。紙に書いても、壁に貼っても、それだけで満足して人は忘れてしまいます。では、忘れずに夢を叶える為にはどうすればいいのでしょうか?よく夢を叶える為に行う2つの行為を例にとってお話しします。

夢を叶えるにはノートを使え!のウソとホント

夢を叶えるシンデレラノートなどといい、よくノートにひたすら夢を書き出せば叶うなんて言う人もいます。では、この夢を叶えるノートは本当に効力があるのでしょうか?実は、この夢を叶えるノートは使い方によっては効力を出し、また逆に無意味になってしまう事もあります。先ほども述べたように、夢は忘れるから叶わず、逆に忘れずに常に頭の中にあれば具現化したり引き寄せる力は強くなります。例えば夢を沢山詰め込んだノートを作ったとしても、書いただけで満足して見返さなければ意味がありません。書いた物を毎日読み返したり、同じことを毎日のように何回も繰り返し書き出すことによって夢ノートは効力を発揮します。「忘れた頃に叶う」なんて人がいますが、そういう人に限って忘れた頃にノートを見返す癖がついています。本当に忘れていたら、自分がその夢を描いたことすら忘れてしまいます。例えば、日曜日の夜に一週間の予定を立てるついでに夢ノートを見返すなど、書いたノートは定期的に見返す習慣を付けましょう。

夢を叶える為の画像って役に立つの?

自分の理想の写真や画像を切り抜いて、壁に貼っておくという夢の叶え方も有名です。最初に記載したように、夢はただノートに書くだけでも壁に貼るだけでも叶いません。ただ書いたり貼ったりするだけでは忘れてしまうからです。例えば壁に貼るにしても、毎日見るテレビの上貼ったり、朝起きてトイレをするときに必ず読み返すことを習慣づけたり、と繰り返し見返す習慣を付けなくてはいけません。夢を叶えるとは少し違うかもしれませんが、私はプチ鬱の時にテレビの上に「私は誰からも愛される。私は生きているだけで価値がある。」と大きく書いた紙を貼り、毎朝読むことを義務化していました。最初はそんな言葉を声に出して言う事に抵抗しかありませんでしたが、数ヶ月経った頃、その言葉が自分の中にすっかりなじんでいる事に気づきました。人は習慣の生き物です。今の自分にとってどんなに難しいと思える事でも習慣化して続ける事で自分の身になるのです。歯磨きだって最初は毎日するのが苦痛でしょうがなかったと思います。でも、今となっては歯を磨かないで寝るなんて気持ち悪くてしょうがないですよね?習慣とはそういうものです。

夢を引き寄せる脳の機能「RAS:ラス」

「RAS:ラス」機能をご存知ですか?人間の脳に備わっている部分で「自分にとって重要でない事は切り捨てて、重要な事だけ記憶する」という機能です。例えば、友達と2人で歩いていても1人は最近アイスクリームにはまっていて、もう一人はファッション中毒であれば、前から歩いてきたおしゃれでおいしそうなアイスクリームを持ったお姉さんを見ても「あの人のアイスおいしそうだったね!」「え?アイスなんか持ってたっけ?それより、あの人の靴今はやりの○○だよね?」「ごめん見てなかった…」なんて会話になります。脳は必要な情報はより鮮明に記憶しますが、興味が無かったり必要ではない情報はまったく記憶しません。これが世にいう「引き寄せ」です。自分が注目している事であれば、無意識に脳はその情報を拾い、いらない物なら切り捨ててみていない事にしてしまうのです。「夢は忘れなければ叶う」という言葉も同じで、自分が夢だと認識し、常に重要な情報だと考えていれば無意識でも脳は勝手にその夢を叶える情報を拾ってくれるのです。本気で叶えたい夢があるなら、まずは自分の夢を忘れずに常に意識する事が大事ですね。


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!