出雲大社から日御碕神社へのアクセス方法!バスで行ける竜宮城でフォトジェニック旅

島根県


出雲大社からバスで20分程度の日御碕神社をご存知ですか?伊勢神宮が日本の昼の守り神と言われているのにたいして、日御碕神社は日本の夜の守り神と言われれているような古事記にも登場する歴史の長い神社です。とっても歴史がある由緒正しい神社というだけではなく、この日御碕神社はまるで竜宮城のように幻想的な空気感をまとった朱色のフォトジェニックな神社なんです!近いしついでに行ってみるかー。程度に思っていたのですが、かなりフォトジェニックスポットでワクワクしながら探検できました!やっぱり旅は偶然の出会いがたくさん溢れていてたのしい♩今回はリアル竜宮城な、潮風を感じながら乙姫様を探す日御碕神社への旅のご紹介です!

出雲大社から日御碕神社へのアクセス方法!バスの時刻表♪


出雲大社から日御碕神社へはバスで行く事ができます!もちろんタクシーというてもありますが、縁結びパーフェクトチケットを持っているならバスで行くのがお得ですしらくちんです♪
タクシーで行くと行は良くても、帰りが捕まえられなくてバスを長時間待つは目になります。

島根に行くなら縁結びパーフェクトチケット!出雲空港での買い方とお得な使い方

2017.12.13

出雲大社前のバス停から日御碕神社へのバスは1日なんと4本しかありません!

8:07 / 13:22 / 18:07 / 19:07
神社だし、結構な田舎なので、宿泊が日御碕周辺でないのならば18:07 / 19:07は避けたい時間
なので必然的に可能な時間は8:07 / 13:22 になります。私は13:22のバスを利用しました!

ちなみに帰りのバスも少ないです!たしか私が乗ったのは14時20分ぐらい!帰りのバスの時間は降りたバス停にあるので日御碕神社を観光する前に確認しておくのをおすすめします!

まるで竜宮城!?日御碕神社のフォトジェニックトリップ


日御碕神社は海に近いまるで竜宮城のような朱色で美しい神社です。松の木が至る所に植えられているし、すぐ近くには海があるし、まさに竜宮城!!日御碕神社の境内に入った瞬間にもぉ気分は浦島太郎です。異世界に迷い込んだような気分で、境内を散策しながら写真を撮ると雰囲気が出てすごく素敵な写真が撮れますよ!

まずは、本殿横から覗くようなアングル。旅先で迷い込んだ先でみつけた竜宮城といったコンセプトです。

こちらは階段を上った先にあるお社の横から。竜宮城の中を散策しているような雰囲気が。

フォトジェニックな日御碕神社を大冒険!


出雲大社からバスで20分程度の日御碕神社は、鳥居をくぐる前にまるで異世界に入るように橋が架かっています。そこを超えて進むときれいな朱色の門が!

さぁ、さっそくまるで竜宮城のような日御碕神社の世界へ

鮮やかな朱色がとてもきれい♡

至る所に松の木があり、本当に竜宮城見たい

結構見ごたえのある境内です

境内はゆっくり見学して、ばっちり撮影をしても30分ぐらいあれば十分です

階段を登ると稲荷神社もありますよ!

何本も並ぶ朱色の鳥居を通ると

上に続く、長くてちょっと急な階段があります

ここを上った先にあるのが稲荷神社です。

ここにたどり着いた瞬間、森がごわっと叫びました
木が揺れて、まるで何かを私に訴えているような感じ。
神秘的な体験をして、まるで何かがそこにあるような少し怖くなるような気持ち。

日御碕神社を出ると、すぐに海が見えますよ!

晴れていたらすごく眺めがよくて気持ちよさそう!この日は残念ながら大荒れです笑
散策を終えて、バス停に向かうとあと10分ぐらいの待ち時間。それにしても寒い…そう思っていると、バス停の向かい側のお店のおばさんが「よかったらバスが来るまで中にどうぞー!」っと呼び止めてくれました。

中には行きのバスが同じだった女子3人がいました。

どうやら皆さんおばさんに中に引き入れ垂れて、まんまとぜんざいやら何やらを注文しているらしい。それもそうですよね、だって入ったら「かけてください。」と椅子に座らせてもらって、あったかーいお茶まで貰っちゃったんです。もう、こんなサービスしてもらっちゃったら何か頼まないと悪い気がしちゃうのが人ってものです。
名物のイカをいただきました!おいしかったけど、3分ぐらいでかぶりついて若干のどに詰まる笑

先に人に与えるってすごい威力だなぁ…とこんな所でもビジネスについて考えさせられた私。
何かをしてもらったら何かを返さないと気が済まないのが人間の心理!おばさんがそれを知ってか知らずかは知らないけど、うまい具合に「返さなきゃ!」って心理を煽っているんですよね笑

竜宮城から海を眺める♪日御碕神社の周辺観光


日御碕神社には、徒歩10分程度で行ける所い日御碕灯台があります!明治36年(1903)に設置され、高さは43.65mと日本一の高さを誇りる灯台です。私が出雲に行ったときはあいにくの雨で、時間もあまりなかったので断念したのですが、地中海を思わせるような壮大な景色は一見の価値ありとのことです!

【島根県・出雲大社】うさぎ天国♡1泊2日パワースポットと素敵なお宿に癒されるおひとり女子旅

2017.12.28

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!