ひとり旅で写真を自撮りするときのコツ!ポーズってみんなどうしてる?

旅の準備


ひとり旅は自分の思ったままに好きな場所に行って、好きな事をできる最高に至福な時間♥旅が終わったあとも、その時の気持ちや景色を思い出して幸せな気持ちになれたらどれだけ素敵かって思いますよね。そんな素敵な旅の思い出をしっかりと記録するのが写真。景色はもちろん、食べ物やホテルの部屋だって、こだわりぬいたひとり旅ではどれも最高な思い出の1枚になります。でも、ひとり旅で唯一不便に感じる事が自分の写った写真が少ない事…。素敵な旅の記念として、せっかくだったら自分も写った写真を撮りたいと思いますよね。でも人前で自撮りしまくるというのは、結構恥ずかしい…しかも上手く取れない!今回は旅の素敵な思い出を残すために、おひとり旅女子が素敵写真を撮る為のコツとひとり旅のアイディア写真をご紹介します!

ひとり旅での写真はたいていみんな自撮り

モデルのローラさんがひとり旅をするときは、カメラを他の観光客に渡して撮ってもらっているそうです。

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 –

正直、一般人のおひとり旅女子にとってはハードルが高い…人にお願いするにもカメラを盗まれたら怖いし、いざお願いしても恥ずかしくて決め顔なんて無理1というわけで、皆さん思考を凝らして素敵な自撮りをしているようです。今回は、私がひとり旅の時に自分の写った写真を撮る自撮りの方法をご紹介します♪

セルカ棒

最近メジャーなのがセルカ棒です。

スマホにつないでボタンを押すと写真が取れます。私もベトナム旅(はじめての≫ベトナム♥3泊4日女性ひとり旅徹底レポ-ハノイ編-)で初めてセルカ棒を使いましたが、結構いい感じに背景まで映してくれます♪

ただし、セルカ棒を伸ばして思いっきり笑顔を向けるというのは結構ハードルが高い…周りの人にじろじろ見られます。さらに、慣れないとなかなか上手くシャッターを押せません。セルカ棒を使う場合は決め打ちでぱっと取れるように練習しておくと安心です。

カバンにさして固定すれば、こんな感じで人に取ってもらったような写真も撮れちゃうのがセルカ棒の良いところです♥人がいないところでは、この取り方が一番良い感じに写真が取れます♪

ひとり旅の自撮りテク!自撮り棒で人に取ってもらったような写真を♪

2017.12.29

私が使っているのはこちらのセルカ棒です!値段も見た目もかわいいし、鏡が付いているので使いやすい!

画像出典:楽天

デジカメ・スマホのセルフタイマー

人がいないところであれば、デジカメやスマホのセルフタイマーを使って人にとってもらったような写真を取る事も可能です。

私はよくデジカメをセルフタイマーにしてベンチや壁に立てかけていました。最近では、デジカメやスマホを固定する三脚も種類が豊富’ですし、三脚の脚の部分がくねくねと曲げられて木や手すりなどに巻きつけてセルフタイマーを使って撮影できる道具もあるので便利ですよー!

ちなみに私が使っているくねくねの三脚はこちら!

画像出典:楽天

これはセルカ棒より正直便利です!鉄格子とかにも巻き付けられるし、カバンにぶっささなくても自分で自立してくれるから(笑)

道路においてもさっと取れます!しかもね!これリモコンでシャッターが切れるからマジで便利なんです!セルフタイマーにして取ると、10秒間ポーズ決めっぱなしじゃなきゃいけないじゃないですが…はずかしいんですよね(笑)

でもこの子なら、リモコンでパチパチとれちゃうからめちゃくちゃ便利!今後の旅は、この子が主力になりそうです♡

 

腕をピンと伸ばして手軽に

1番メジャーなのが自分の腕を伸ばしてとる自撮り。うまい人は本当に自分のこと綺麗に可愛くとりますが、ひとり旅の時は自分を可愛く撮る事よりも、見た景色を鮮明に記憶と共に残せる事が大事!自分の顔と比較したかったり、食べ物を食べている姿などであれば気軽に自撮りをしてもとても良い思い出になると思いますよ!

ひとり旅で写真を撮るときのコツ

私がはじめてのひとり旅をした時の自撮りがこちら。

あとから見返した時に、どこに行ったのかが正直わからない…。自己満だからいいのかもしれないけど、せっかくの素敵な旅なのだから、ちゃんと自分がどこに行ってその時の気分や感情(寒いとかワクワクとか)を思い出せる写真を撮りたいと思いました。

こちらはウィーンのベルヴェデーレ宮殿。この日は大雪で、前も良く見えないぐらいふぶいていました。でも、大好きなクリムトの接吻という絵画を見に行く為に吹雪の中ウキウキしながら向かいました♥吹雪の中はしゃぐ姿をこの写真を見る旅に思い出せます。
ひとり旅の写真はもちろん人に見せる事もありますが、自分の記録用として残す事を考えて撮影すると良いと思います。自分がその時どんな気分だったのか、どういう風にその景色をとらえていたのか。見返して自分の顔がきれいに映っていて景色がなんだかわからないというのは、ひとり旅の記録としてはナンセンスだと私は思っています。ちょっとおブスに取れていたとしても自分が見て、感じた空気をそのまま写真に収められたら本当にとびきり素敵な1枚になります!

岩手県にある世界遺産平泉では、きれいな蓮を見つけました。私の身長と同じぐらい背が高い蓮!お花も大きくってびっくり!

宮島に行ったときは、弥山に汗だくになりながら登りました。軽い気持ちで登ったら、かなりハードでしたが頂上の岩に腰かけたときにすごく風邪が気持ちよかったのを覚えています。

イタリアのベローナには町を見渡せる遺跡がありました。時間がなくて急いでいたけど、素敵な景色にうっとり♪

私旅でみんなを幸せに♡フォトジェニックを作る5つのポイント

2017.12.10

ひとり旅で写真を撮るときのポーズってどうしてる?おしゃれなアイディア

景色が映っていて、自分も移っていれば記録用としてはばっちり!とはいえ、どうせとるんだったらインスタジェニックな素敵な写真をとってみんなが旅に出たくなるような1枚を取りたいですよね。ここでは、フォトジェニックな写真を撮られている方々のインスタや私の写真の中でも評判が良かったものを何枚かお見せします♪おひとり女子旅の素敵な記録写真の参考にしてみてくださいね♥

サングラスに自分の姿を映す!すごくおしゃれ♪

セルか棒を使って背中から取るのも雰囲気がでます♪しかも恥ずかしさも軽減!

顔を映すのが恥ずかしい時は、足だけ出演でもありです♪

人がいなければカメラをいい感じの場所においてセルフタイマーで♥

最近はドローンを使うなんていう強者もいるらしい!

旅行だと毛の処理が…悩める旅女におすすめ【ディー・レジーナ・エピ・プレミアム】

2018.08.09

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!