世界をワインで旅しよう!特徴からわかるお国柄で旅をもっと楽しく♡

旅の準備


ワインと言えば、イタリアやフランスが有名ですが、最近ではお手軽価格でデイリーワインにピッタリなチリやアメリカ、大自然の中で作られた自然環境を考慮したワインつくりが話題になっているアフリカのワインなど各大陸・各国ごとがそれぞれのお国柄の個性を出したワインがどんどん登場してきてるってご存知でしたか?

今日はカジュアルで楽しいワインから、ちょっとおしゃれで気取ったワインまで、日本に居ながら旅した気分になれちゃう世界のワインをご紹介します♪次の旅先はワインの個性で選んでみるのもいいかも?笑

ド定番!生産量第1位のイタリアワイン


イタリアのワインの特徴は、その肥えた豊かな土地が作り出す様々な品種の豊富なブドウがある事です。イタリア人は身内に対しては仲間意識が強い物の、政府や国に対する執着心は薄く脱税など平気でする、日本人から見ると適当!な人が多いのも特徴ですが、これがワインにも濃く出ています。この適当さ、日本人からするとちょっとイライラする事も多いけど、私的には余裕からくる適当さだと思ってます。

全国津々浦々でつくられるイタリアのワインはその土地土地で個性が豊かで、デイリーワインに最適なお手頃な物から世界に名だたる品質のワインまであります。私はもともとワインが好きで飲んでいたのですが、イタリアでスパークリングワインを試飲した時に驚愕しました!「ワインってこんなにおいしいの!?」って笑

イタリア人もそうですけど、イタリアのワインでなんだか余裕がありますよね。広い土地と豊かな大地が「うちよりいいとこないでしょ??」って言わせているような余裕が見えます。だから男性も魅力的なんでしょうね!

品格の高い!フランスワイン


イタリアに次いで第2位の生産量を誇るフランスは、さすが品格のあるおしゃれな国でイタリアとは違い原産地呼称統制法(A.O.C.)によって土地の境界線や、使用して良いブドウなどがしっかりと決められているのが特徴です。

特にフランスのシャンパーニュ地方でのみ作られたワインにのみ許された【シャンパン】という名称は世界中でも有名で、自国への愛と誇りであふれるフランス人を象徴しています。

濃厚で華やか!アメリカワイン


アメリカのワインは広い土地を活用したパワフルで華やかなワインが多いのが特徴。人種のサラダボウルと言われるアメリカでは様々な土地で品種や味わいも違う多種多様なワインがつくられています。

デイリーにピッタリ♪チリワイン


最近じわじわと人気が出てきているチリワインは、シンプルでストレートな事が特徴でブドウの果実味がしっかりと味わえるデイリーワインにちょうどいいお手頃さで人気です。カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培が盛んで、濃くてどっしりとしたお値打ちワインの宝庫でもあります。

地中海性気候で乾燥しているチリは、農薬や防腐剤を使う必要がない為ほぼ無農薬のオーガニックワインが多く見られます。南米諸国の中では控えめと言われるチリ人の特徴をあらわしたような、値段もお手頃で、ブドウの味をしっかり感じられるシンプルなワインです♪

陽気でたのしい!アフリカワイン


アフリカでワイン!?と思う方も多いかもしれませんが、フランスの植民地が多くあったアフリカでもワイン作りは盛んでした。なかでも南アフリカのワインはコストパフォーマンスも良く、おいしく、その上自然環境も考慮したワインと称され、世界中から注目を集めています。

南アフリカのワインはしっかりとフルーティーな果実味を味わえ、アルコール度優もフランスワインに比べるとちょっと高め。陽気になりやすいところもなんだかアフリカっぽいですよね♪さらに大自然を今も残すアフリカで作られるワイン「地球にやさしいワイン造り」と言われ、「WWF(世界自然保護基金)」が、南アフリカのワイナリーの自然保護状況を査定しているのも特徴です。

植民地として支配されていた歴史がありながら、しっかりと自分たちの豊かな自然を守り生きていく穏やかなアフリカ人の気質を感じられるアフリカワインも1度は楽しんでみたいですね!

美味しいワインを飲みながら世界をもっと旅しよう♪


お酒は人の文化と密接な関係を持っています!特にワインは古の時代からずーっと人の生活の隣にあったお酒です。ワインの文化を知る事で、人の文化、国の文化も見えてきます。背景にある歴史を知るだけで、ワインも旅ももっと濃くて楽しくなりますよ♪


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!