【プロカメラマンに聞いた!】スマホで素敵写真を撮る為の5ステップ♡

旅の準備


こんにちは♪おひとり女子旅編集長の中嶋といろです♡

私は仕事柄、プロのカメラマンさんと関わる事も多いです。カメラマンさんの仕事を見ていると、使っているのは一般の人が持っているような一眼レフなのに仕上がって納品される写真はぜんぜん違う!クオリティーめちゃくちゃ高い!

そこで今回は、プロのカメラマンさんにどうすれば素敵な写真が撮れるか聞いてきました♡一眼やミラーレスで取り方教えてもらっても良かったのですが、最近はiphoneXなんかめちゃくちゃ画質いいスマホもかなり増えてきているので【スマホで素敵な写真】を取る方法を聞いてきました♡

【step,1】スマホを取り出したらまずレンズを拭く!

当たり前の事ですが、スマホをポケットやカバンから取り出したらまずレンズを拭く事が大事!スマホのレンズって普通の一眼レフやミラーレスカメラに比べてすごーく小さいですよね?

なので、もし指でレンズを触ってしまっているとレンズ全体が汚れてしまっている事になります。

もちろんレンズが汚れていてきれいに取れないという事もあるのですが、レンズを触っていて汚れているという事はレンズと写真を撮りたい対象物の間に皮脂(汚れ)がある事になり、ピントが合ずらくなってしまいます。

ピントがあったきれいな写真を撮る為には、まずスマホを取り出したらカメラアプリを開く前にレンズを拭きましょう!

【step,2】背景や被写体を整える!


例えば、人を撮るときに髪型が乱れていたり、洋服の裾がめくれていたり、どんなにきれいな構図を考えてもそういったちょっとした乱れで写真のクオリティーは50%下がってしまいます。

逆を言えば、そういったちょっとしたことに気を付けるだけで写真のクオリティーは50%も上がるという事!これってやらなきゃ損ですよね?

もちろん人を撮るときだけではなく、物を撮るときでも同じこと!

食べ物撮るときは、お皿の周りが汚れていないかとか、あまりきれいではないお手拭きが映り込んでいないかとか…。景色を撮るときも、変な人が写ってないかとか(笑)。

笑顔や楽しそうな雰囲気を収める事ももちろん大事ですが、まずは自分が気を付ければできる基本的な事をするだけで写真のクオリティーの50%は決まります

【step,3】ズームは基本は使わない!でもシャープに撮りたいときはちょっと使う!


プロカメラマンさん曰く、「カメラを構えた瞬間に移る構図は100%イケてない!」そうです。カメラマンにはよく「足を使え!」と言われるそうです。これはどういう事かというと、撮りたい対象をいい感じの構図で撮るときにカメラのズーム機能を使うのではなく自分の足を使って対象に近づきなさい。という事だそうです。

特にスマホのカメラは、ズームをすると画質がめちゃくちゃ落ちてしまいます。なんかぼさぼさーっとした写真になっちゃうんですよね。景色などを撮るときはむやみにズーム機能は使わずにできる限り足を使って近づくようにしましょう!

ただし!物撮りをするときはちょっとだけ気を付けなければいけない事があります。難しい事はよくわからないので言いませんが(笑)シャープな物を撮るときは対象にめちゃくちゃ近づけて撮ると、ちょっと歪んで撮れてしまうんです。

だからシャープな物を近くで撮るときはきもーちズーム機能を使うと、しっかりシャープに撮影できます。逆にポップな印象にしたい場合はズームをしなければいいんですね♪

【step,4】スマホのフラッシュ機能は使わない!

暗いところでの撮影は、スマホのフラッシュを使いたくなってしまいますよね。だってその方が明るく取れるし…しかしプロカメラマンに言わせると「スマホなら自然光が一番きれいに撮れる!」のだそうです。

自然光というのは、太陽の光の事です。ちょっと部屋が暗いなーと思ったらカーテンを開いてなるべく自然光の当たるところで撮影するときれいに映す事ができます。

【step,5】加工は必要!でも機能は3つまで

「加工は必要ですか?」という質問に「加工するべきであれば必要。」という回答をしたプロカメラマンさん。いやいや。そりゃそーでしょ。「ただし、スマホの加工機能を使うなら3つまで」という事も教えてくれました。

スマホの加工機能は、使えば使うほど画質が落ちてしまいます。実際私はInstagramに投稿している写真を加工しまくっていますが結構画質が落ちる!なのでスマホで見る事を想定しているInstagramは画質が下がっても雰囲気重視で加工していますが、PCで見る可能もあるメディアでは極力加工は避け、カメラ自体の機能を使って明るくしてから撮影しています。

ちょっと大きめに使いたい時は加工機能は使っても3つまでという事を覚えておいてくださいね♪

何事も楽しんで続けることが大事♪

年に数回しか写真を撮らない人と、毎日写真を撮ってる人だったらもちろん毎日撮っている人の方がクオリティーの高い素敵な写真を撮れるのは言うまでもありませんよね?

ちょっとでも写真を素敵に撮るポイントを知れば、もっともっと撮りたい!と思い毎日ちょっとした景色を取り続けるだけでもかなり上達します!好きこそものの上手なれと言うように、好きな事を楽しんで続けることでどんどん上達していきます!旅の時だけではなく、普段の生活の中でも写真を撮る事を習慣づけて置けばいざ


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!