【カンボジア】パブストリートの治安って実際どうなの?女子におすすめの時間とレストラン

カンボジア


カンボジアの遺跡の街【シェムリアップ】の観光で外せないのが、お買い物スポットのオールドマーケットです。そして、ここオールドマーケットにあるのがおしゃれなレストランやフォトジェニックな景色がわんさかある【パブストリート】!

カンボジアのどのガイドブックにも取り上げられるほど有名な【パブストリート】は、日が暮れてくると一気に華やかさを増し、お酒を楽しみながら談笑する人のにぎやかな声やライトアップされた景色がとても楽しい空間です。

とは言え、夜の海外での独り歩きって危なくない…?っというのが女子の本音。実際私も夜にお酒を呑む人が多い繁華街を歩くのはちょっと抵抗がありました…そんな私でも楽しめたマジックアワータイムのパブストリートの楽しみ方をご紹介します♪

【カンボジア】パブストリートの治安は?華やかなナイトライフを楽しもう♡

実際に私がカンボジアのパブストリートに行ってみて感じた事は「トゥクトゥクの勧誘がしつこい…」という事です。パプストリートの出入口で出まちしているドライバーさんはしつこいぐらいに「トゥクトゥク?トゥクトゥク?」と言ってきます。

ですが、正直この「トゥクトゥクしつこい問題」意外は全くと言っていいほど身の危険は感じませんでした。私はかなり警戒心が強くて、人が自分の後ろに歩いているだけで軽くにらみます(めちゃくちゃ迷惑)。

そんな私でもパブストリート内ではのんきにカメラを構えながら、観光客丸出しでお散歩を楽しむことができました。もちろん、旅人として最低限の緊張感は必要ですが、むしろヨーロッパの有名どころのすりが多いエリアなんかより全然安心して旅を楽しむことができました。

日中はさほど人が多くないので、撮影しながらお散歩するにはピッタリです♪

夜になるとどんどんと人が増え、にぎやかになってきますが、時間を考えれば絡んでくるような輩もいないのでライトアップがキラキラきれいなパブストリートを思う存分満喫できます♡

【カンボジア】パブストリートに女子がひとりで行くならこの時間!安全に楽しむためのシンデレラタイム

私がパブストリートに行ったのはちょっと早めの夜ごはんを取る為の17時頃。

まだ明るいうちにレッドピアノに入店しました。

アンジェリーナージョリーも通ったお店!オールドマーケットのレッドピアノでカクテルを呑みたい♪

2018.03.29

だんだんと空が赤く染まる様子を見ながらゆっくりディナー♡最高に幸せな時間です。

それから1時間ほど食事をして、お店を出たのが18時過ぎ。

そこから30~40分程度、うろうろとパブストリートをお散歩しました。この時間帯であれば、まだみんなお酒が入っていない事もあり絡んでくるような人もいないし全然身の危険を感じるような事はありません。

さらに、パブストリートには基本的に警察官がいるので、下手な事件は起こりにくくなっています。もちろんスリや置き引きは気を抜いていたら合うので気をつけて下さいね。

私は19時前にはパブストリートを出ましたが、このぐらいの時間であれば夕日が沈む綺麗な空を見ながら食事をして夜の華やかなパブストリートもたっぷり満喫できます♪夜が不安な女子でも安心です!

19時なんて全然早い時間じゃん!そのあとどうするの!?なんて思うなかれ!カンボジアには素敵なコスパ スパがたくさんあるんです!ホテルのスパを受ければ帰り道の不安もないし安心です!

私は早めにディナーにして、そのあと19時過ぎから3時間じっくりスパタイムにしました♡ゆっくりディナーを綺麗な景色の中で楽しんで、そのあとは癒しのスパタイム♪旅ならではの贅沢時間をたのしめますよー♡

シェムリアップの女子旅ホテルならPrince d’ Angkor Hotel & Spa, Siem Reapがおすすめ♡使い勝手を全力レポート♪

2018.04.07

【カンボジア】パブストリートで女子が行きたいのはこのレストラン!

一度パブストリートに入ると、そのお店の多さと華やかさにどこに入ったらいい物かとかなり悩んでしまいます!それほど、カンボジアのパブストリートはお店も充実していて、遺跡の素朴さとは正反対の賑わいを見せてくれます。

あれ?私ヨーロッパに来ちゃったのかな?と思うぐらい素敵なお店がたくさん♡もっと時間があれば、ガイドブックに載っていないかわいいお店にふらっとはいりたかったなぁー

パブストリートにあるお店は、伝統的なクメール料理をはじめ洋食やアメリカン、インド料理など様々なレストランがありました。

今回は、中でも有名どころで私が実際に行ったレストランをご紹介します♪

レッドピアノ


ハリウッド女優のアンジェリーナジョリーが映画の撮影時に足しげく通ったのがこのお店!アンジーが考案したカクテル【トゥームレーダー】が人気のカフェバーです。

いつも人で賑わっていますが、17時前ぐらいなら並ばず入店する事ができました!

アンジェリーナージョリーも通ったお店!オールドマーケットのレッドピアノでカクテルを呑みたい♪

2018.03.29

ブルーパンプキン


ブルーパンプキンは元フランスのシェフが経営するジェラートが有名なお店♡1回はパン屋さん、2階がレストランになっています。

ご飯ももちろんおいしいのですが、注目すべきはふかふかのソファー席♡まったりゆったりできます♥

【シェムリアップ】のおしゃれカフェ♡ブルーパンプキンでちょっと休憩♪元パリのシェフが作る絶品スイーツ♡

2018.03.26

カンボジアの素敵な夜の思い出に、パブストリートに出かけてみてくださいね♪

【カンボジア】魅惑のアンコールワット♡シュムリアップ2泊3日おひとり女子旅

2018.03.20

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!