【おひとり女子のフォトジェニックを巡る旅】マレーシア・恋するマラッカ

フォトジェニックを巡る旅


マレーシア南西岸に位置するマラッカ州の州都マラッカは、中国やオランダなどの華やかな文化が入り混じる古都。

海の香りが漂うオランダの街並みや、鮮やかなモダンな色彩が楽しめるチャイナタウン。歩く度に胸が高鳴るのを感じるこの街に、思わず恋をしてしまう。

今回は、マラッカのフォトジェニックなスポットだけを詰め込んだフォトジェニックを巡る旅をご案内します。


@Porta de Santiago

手を取り合ってほほ笑むカップル
楽しそうにはしゃぐ子供の声
太陽がクラクラするぐらい注いで
花達がささやく明るい場所

いつかは要塞として使われていた
この場所は
今では大砲ですら
平和を祈るオブジェのように
誇らしげに鎮座する

歴史は変えられなくても
失ったものは取り戻せなくても
大切なのはその過去の上に
どんな歴史を作っていくのか
私たちが今をどう生きるかって
ことなんだろう


@Melaka River

ちょっと濁った川とか
無造作に生き生きと茂るツルとか
このありのままの感じが
「東南アジアに来た」って
気持ちを高めてくれる


@Melaka River

アメリカのレトロな雰囲気を漂わせる
マラッカ川の囲うように広がった
おしゃれなカフェの群れ

スパイシーな香りとか
ジューシーな香りとか
フルーティーな香りとか
いろいろな文化の香りがする

すべてを受け入れて
すべてが共存する
広い世界が
ぎゅーっと凝縮されているみたいで
なんだか口元が緩むのを
私は抑えきれなかった


@Melaka River

壁は何かを守るためだけにあるのではなくて
キャンパスとして夢を広げる場所でもある

サンサンと降り注ぐ太陽にも
負けないぐらい華やかな

町全体がギャラリーのような
マラッカの壁たち


@Melaka River

レトロな自転車と
ジャングルのように生い茂るツタ

まるで人口的に作られた
おしゃれな空間のように
何でもないただの道を
彩っている

旅の出会いは一期一会
歩いた道によって
出会えるものも違う

だからどんなに同じ場所に行ったって
その景色を歩いた人にしか
見えないキャンパスがある


@St. Paul’s Church

過去から未来に贈られたメッセージ

この場所がいつまでも続くと願って
訪れる旅人に渡される言葉は
どこかいつまでも続く平和を
願っているように
映って仕方ない


@St. Paul’s Church


@The Baboon House

森の中に迷い込んだような
緑があふれるカフェ

ちょっとスパイシーなハーブな香りと
ハンバーガーのジューシーな香り
天井から漏れ入る光に
優しく通り抜ける風

ゆっくりと流れる時間に
忙しく巡っていて旅疲れが
ふわっと抜けていく


@The Baboon House

古いプラナカンの家を
若手のアーティスト達が
旅人がゆっくりと休憩できる場所に変えた
このカフェには
色々な文化と言葉が飛び交う

まるで世界中の旅人達が
それぞれに宝物を持ち寄ったような
華やかな壁

もう少しだけここでゆっくり風を楽しもう


@The Baboon House

少し前の私は
旅先でゆっくり食事を楽しむなんて
考えもしなかった

スーパーとかコンビニで適当に買って
歩きながら食べればいい
そう思ってた

だけど、日本でも食べられそうな
ハンバーガーとか
日本にもありそうなおしゃれなカフェとか
そういったところにこそ
生活が宿るんだって知った

日本にもありそうなハンバーガーは
日本にいるときには感じられない
香りがして

日本にもありそうおしゃれなカフェでは
日本では聞こえてこない文化を感じた

旅を仕事にしていると
目まぐるしく時間がたつことが多いけど
こうしてゆっくり
この土地に腰を置くのも
旅の楽しみだ


@road of melaka

上を向いて歩こうなんて
よく言われるけど
上ばっかり見ていたら
見逃してしまう景色だってある

下を向いてたっていい

どこを向いていたって
しっかり目を開けて
世界を見つめる事が大切なんだ

私をときめかせてくれる世界は
目を開いてさえいれば
どこでだって見つけられる


@Keihls art wall

アメリカのコスメメーカーKiehl’sが
保護活動協力の一環として描いた
華やかな壁

街中にアートが溢れている景色は
アメリカだろうが
マレーシアだろうが
どこだって胸が躍る


@THE ORANGUTAN HOUSE

画家チャールズ・チャム氏の
アトリエ兼、ギャラリーである
オランウータンハウス

マラッカのランドマーク的な存在の
この黄色の建物は
鮮やかでノスタルジックな
チャイナタウンの中で
穏やかに軟らかいほほ笑みを浮かべてる


@china town


@china town


@china town

愛を込めて…


@china town


@UMNO Museum


@Christ Church Melaka

マラッカに来た旅人が
まずはこの赤い教会を目指して
歩いてくる

18世紀につくられた
プロテスタントの教会は
ゴシック調の華やかさはなくても
厳かにマラッカの町を見守る

イキイキと茂る緑と
重厚な赤のコントラストが
晴れやかな空のキャンパスに
良く映える


@infomartion center

オランダ広場の前にある
観光案内所

ちょっとした装飾だけど
こんなにもトキメキがあふれる
かわいいピンク色

何気ない景色だって
旅の中だととっておきの景色に変わる
この瞬間が何度でも私を
旅に連れ出してくれるんだ

【クアラルンプール】女子のひとり旅♪2泊3日のおすすめモデルコース

2018.12.07

こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!