生まれてきてよかった♥20代OLの私が誕生日にひとり旅をする理由

旅×仕事


誕生日はたくさんの人に囲まれてお祝いしてもらうのが幸せ!世間一般ではそう思われていいるかもしれません。1人で誕生日をすごすなんてかわいそう!友達がいないから1人なのかな?なんて思っていませんか?実は誕生日にひとり旅をする自立女子って増えているんです!
かという私も誕生日にひとり旅をする自立女子の一人☆自分の為だけに過ごす贅沢な体験は、一生記憶に残る素敵な経験になりますよ!

誕生日にひとり旅をする理由

パートナーがいない寂しさを紛らわす為にひとり旅をする人も確かにいるかもしれませんが、多くの女性はポジティブな感情で誕生日にひとり旅をしています。誕生日って1年の中でも1番と言っていいほど特別な日ですよね。中には自分ではなく、生んでくれたお母さんに感謝を伝える日として自分の年齢分のバラの花束をプレゼントするなんておしゃれな人もいる様ですが、私はやっぱり1年間一緒に頑張ってきた自分に、またひとつ年を重ねる事への労いの日にしたいと思っています。そして、ただ楽しいだけではなく新しい歳にさらに飛躍する為のちょっとしたスパイスとしても新しい刺激を受けられるひとり旅はおすすめです♪

誕生日にひとり旅で海外に行ったらやりたい事


もちろん国内旅も良いのですが、私は誕生日であれば海外を選びます。日本ではできない特別な体験や経験がよりたくさん海外には溢れているからです。27歳の誕生日にベトナムのハノイに行ってきました。そして、人生で初めてオペラハウスでオーケストラを体験しました!ヨーロッパのオーケストラは本格的過ぎてちょっと腰が引けちゃうけど、ハノイのオーケストラは一番高い席でも3000円ととてもカジュアルながらにフランス領地であった事から本格的なオーケストラが楽しめました♪他にも、バリ島に行って1日ヴィラにこもってスパを受けたり、プールに浮かんだり、読みたいと思っていた本を読んだり…そんな贅沢な時間の使い方も素敵ですよね?

誕生日にひとり旅をすると気づける3つの事

1,自分は意外と愛されている事


誕生日の日には、友達や家族から誕生日メールをもらう事があります。だれかと過ごしていると、メールに返信するのも後回しになってしまいますが、ひとり旅を海外にしに行くときはちょっとした待ち時間や移動時間にメールを返信する事が出来ます。そうすると、「会いたい!」と言ってもらえる事が多いんです。ちょっと疎遠になっていた友達でも以外と誕生日を覚えていてくれて、それがきっかけてまた縁がつながる。私って意外と愛されているんだなぁ♡と気づける瞬間です。

世界の人にとって今日という日はただの1日であるという事

私にとっては1年でもっとも重要な誕生日であっても、今この空間を共有している海外の人にとってその日はなんてことないただの1日です。だれも「誕生日おめでとう!」とは言ってくれないし、誕生日だからと言って優遇してくれるなんて事もありません。どんなに自分にとって思い入れのある日であっても他の人からしたらなんてことないのです。でもね、これって逆の事も言えるんです。世界の誰かにとってとても大切な1日であっても、私にとってどうでもいいむしろ早く終わってほしいような1日かもしれないんです。私にとってはどうでもいい1日で、そういう風に1日を無駄に過ごしているけど隣の人にとっては何よりも大切にしたい1日だとしたら。私がとった心ない行動で、隣の人は最高の1日のはずが最悪な気持ちになってしまうかもしれません。私が諦めた1日でも、誰かにとってはあきらめたくない希望の1日かもしれない。誰一人として自分の誕生日という大切な日を知らない空間に行くと、1日の大切さに気づく事ができます。

でも結局世界は私に優しい♡という事

誰も自分の誕生日をしらない環境にいると、ふとした瞬間のやさしさを強く感じる事があります。受付のお姉さんがチケットを買うときに笑顔だった。バスの係員さんに「have a good day!」と言ってもらえた。隣に座ったお兄さんが親切にしてくれた。耳に入ってくる音は、自分の為じゃないと解っていてもお祝いの様に華やかに感じます。誰も私が誕生日だと知っているわけでもないのに、こんなに親切に優しくしてくれるんだとほっこりする事ができます。言葉も通じない、文化もわからない、右も左も知らない外国人にも世界は優しく接してくれます。この世界は私に優しいという幸せな気づきを得る事ができます。


こんにちは!おひとり女子旅編集長の中嶋といろです(^^)

私は今、OLをしながら年に何回も海外旅をして、海外に行かない月は国内でお泊りだったり、日帰りだったりの旅をしながら、好奇心を満たして豊かな毎日を送っています。

宿泊で旅に行くときは、5スターホテルだったり、ご飯がおいしかったり、露天風呂が貸切で借りられたり、の素敵なお宿に泊まっていきたい所には惜しむ事なくお金を使って自由に旅しています。

たまに企業さんからの依頼で実費がかからずに施設を利用させてもらう事もあります。

こんな私ですが、この旅メディア【おひとり女子旅】をスタートさせるまでは高卒でプチ鬱の激務OLでした。
毎日4時間睡眠で、朝から晩間で仕事をして休日は疲れて家でダウン…心も体も患って、プチ鬱状態。顎関節症や胸に謎のしこりができたり、月に一回熱が出てお腹が痛くて動けなくなるほどでした。その為もちろん大好きな旅もできずにいました。

会社での人間関係が上手くいかず、プチ鬱になり心も体も患って「そろそろ人生終わらせたなぁ」と思っていたときに、”好きな事を仕事にする”という考え方に出会いました。それをきっかけに、どうせ終わったも同然の人生なら好きな事だけして生きて行こう!そう思って旅を仕事にする勉強を始めながらこの旅メディア【おひとり女子旅】を開設しました。

スタートして1年。ただの高卒根暗のプチ鬱OLだった私は、「憧れです!」と言ってもらえるファンを持つ旅人に変わり、セミナーや講座を開けるまでになりました。企業さんからもタイアップの依頼が着て、収入を得ながら大好きな旅ができるようになりました。

ただ、私が旅を仕事にした方法は、何も私だからできた事ではありません。正直勉強して行動さえすれば誰でも叶えられる生き方なのです。

OLをしながらでも、働き方を変えて好きな時に旅をしながら安定した収入も稼げるし、有名人でもないのに人にあこがれられるような自由な旅人になる事だってできます。なんの資格も持っていなくても企業さんからお仕事を依頼していただく事だってできます。

これは本当に知っているかいないか、行動したかしないかだけ…

私は今、自分の人生を生きています。ただ、足りないのは、今の私の感動を共感できる仲間。同じような旅女子がいないんです。だからもっと、私の様に旅を通じて豊かになる女子を増やしたいと思いました。

私の生き方を、もっと多くの女子に知ってもらいたいと思い、私が本業をしながらでも1ヵ月で34万円もの副収入を得られるようになったメソッドを詰め込んだセミナー動画をプレゼントしています!

もちろん無料なのでぜひ受け取ってくださいね♡

プレゼントは以下に登録して受け取ってください!