ライティングスキル

ライティングスキルを上げるメリット!副業に最適でノンリスクで始めよう

こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。

社会人がライティングスキルを上げることには多くのメリットがあります!

社会人であれば日常の生活で文章を書く事はとても多いです。ちょっとしたメールからプレゼンテーションの資料までライティングスキルが必要とされる機会は様々あります。

最近では多くの会社で副業をすることが認められていて、多くの人が簡単に始められるライティングで副業として収入を得ています。

ライティングスキルを身に付けることで会社では伝わりやすい文章を書くことができ信頼が上がり、副業としてライターでの収入を得られると言うメリットがあります。

今回はライティングスキルを上げることで得られるメリットをご紹介します!

ライティングはリスクなしで始められる副業


最近では副業OKの会社が増え、多くの人が2足3足と草鞋を履き替えながら仕事をしています。

副業で、できる仕事は様々ありますが、中でもライティングは人気の仕事です。

日本人であれば文字を書くことは誰にでも簡単にできますし、ライティングは自分の好きな場所で好きな時間で行え、元手が必要ないためリスクなしで始めることができます。

副業が盛んになった今の時代だからこそ、ライティングの話誰にでも簡単に始められるリスクのない副業として人気です。

ライティングスキルは普段の仕事でも生かせる


ライティングスキルはフリーのライターにならずとも活かせる機会はたくさんあります。

なぜならライティングを学ぶことで、ものを販売するための文章構成や、目的を達成するためのセールスライティング、さらには伝わりやすい表現をすることができるようになるので円滑なコミニケーション能力も身に付きます。

例えばプレゼンの資料を作るにも文章は欠かせません。ライティングスキルを身に付けていれば、プレゼンをする相手に対してわかりやすく伝わりやすい文章を書くことができ、望ましい結果を得ることもできます。

ライティングのスキルを上げると叶う未来


ライティングのスキルを上げてわかりやすい文章書けるようになると、人生の選択の自由が広がります。

文章の質が問われる現在で、ライティングスキルを磨くと、様々な仕事で必要とされ自分自身で仕事を選べるようになります。

ライティングスキルを身に付けフリーランスとしてライターになったら、物価の安い地方や国に住んで最低限の生活費を稼ぎながら自分の好きなことをして生活することができます。

インターネット環境さえ整っていれば仕事ができるので、タイなど物価の安い国に行けば午前中だけ仕事をして午後はビーチでのんびりするのもよし。好きなゲームを1日中することもできます。

少し費用を抑えてだったら、ライターとして世界中を旅しながら収入を得ることもできます。

会社に勤めるにしてもライティングスキルが高いと様々な仕事を任せることができ重宝される人材になります。ライティングスキルが高いと、契約の取れるプレゼンテーションのシナリオを作ることができます。

さらに、文章だけでものを売ることができます。会社の広報活動をすることもできますし、会社のコミニケーションも円滑に人と人をつなぐこともできるようになります。

こんなに優秀な人材を、会社は手放したいと思いませんよね?

ライティングスキルを身に付けることで、会社からも必要とされしっかりと給料をもらえる人材になることができます。

ライティングスキルにより変わる「文字単価」


ライティングスキルを上げることでライターとして、文字単価の高く記事を受注することができます。

ライターが貰える収入は一般的には文字単価で決まります。

一般的な仕事であれば時給換算されることが多いです。しかしライターの場合は、時給ではなく書いた文字数によって得られる収入が変わります。

さらにライティングスキルによって1文字の単価も変わってきます。

ライティングスキル別の文字単価

ライティングスキル初級者の場合:単価0.2~0.5円前後
ライティングスキル中級者(セミプロ)の場合:単価0.6~1.5円前後
ライティングスキルライター上級者(プロ)の場合:単価2円~

ライターは経験年数によって文字単価が上がるわけではなく、ライティングスキルによって文字単価が決まります。

誰にでも書けるライティングばかりこなしていては、スキルはアップせず文字単価は安いままです。しかし深い専門性と文章の質を兼ね備えることで、ライティングスキルアップしていき文字単価も上がります。

早い人であれば、3ヶ月程度本気でライティングのスキルアップを行えば、上級社レベルのライティングスキルを得ることができます。

1文字2円になれば3,000文字の記事をライティングした場合6,000円の収入が得られます。3,000文字を書くのに大体2-3時間程度かかるので、1日に2本執筆すれば10,2000円を1日で稼ぐことができます。

ただただライティングをするのではなく、しっかりとライティングスキルを上げていくことで、早い段階からしっかりと収入を得られるライターになることができます。

ライティングスキルを上げるための方法


ライティングスキルを上げるには、
・ひたすら書いて勉強すること
・ライティングのテクニックを学ぶこと
が大切です。

ライティングは日々の積み重ねでたくさん書けば書くほど上達することができます。さらにテクニックを知っていればより上手な文章を書くことができます。

ライティングスキル講座!ど素人でも上達する勉強法とおすすめの本こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。 社会人にとってライティングスキルは必須です。 わかりやすい文章はお客様から...
文章を上手く書くコツPREP法【ライターの私が上達した方法】こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。 ビジネスの文章を上手く書くためのコツは、とても簡単です! 上手い文章と言う...

ライティングスキルを学べる本

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング (できるビジネス)

作者の唐木 元さんは、大学時代からライターとして活動を始め、ウェブサイトナタリーの編集長も務めた経験があります。

説明文そのものがわかりやすく、具体的な方法も書かれています。人に伝える文章とはどういうものなのか、ライター・編集者経験のある筆者だからこその説得力がある一冊です。

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

文章のプロである朝日新聞のベテラン校閲記者の前田 安正さんが書かれているのがこの本です。

基礎から実践的なストーリーの練り上げ方等の文章術を学ぶことができます。ライターの枠にとらわれず、書くことすべてに生かせる技術が詰まっている一冊です。

まとめ


社会人にとって学ぶメリットが多いのがライティングスキルです。

最近流行の副業としてもリスクなく取り組むことができライティングスキルを身に付けることでフリーランスになることもできます。

フリーランスになりイティングスキルをさらに磨くことで、文字単価を上げ生活の選択肢を広げ、自由な生き方を選ぶことができます。

社会人であってもライティングスキルを極めることで、貴重な逸材となり会社から必要とされるようになります。

ライティングスキルは、日々文章を書いて積み重ねていったり、テクニックを学んだり、本を読むことで身に付けることができます。

ライティングのスキルを身に付けることで、人生の選択肢が広がり大きなメリットを得ることができます。

ライター、デザイナー、ディレクター
中嶋といろ
旅に関わるクリエイティブを作る人。 旅するために25歳までフリーター。その後、正社員になるも旅ができないことにストレスを感じプチ鬱。好きなことだけして生きることを決め、トラベルライター、Webデザイナー・ディレクターに。お仕事のご依頼はメールにてお願いします。
\ Follow me /