ライティングスキル

文章がみるみる上達する3つのステップ!初心者でも簡単

こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。

今回は初心者でも簡単に文章がみるみる上達する3つのステップをご紹介します!

わかりやすくて伝わりやすい文章って書くの難しいよね…初心者は場数こなしていくしかないのかな?
中嶋といろ
中嶋といろ
もちろん経験も大事ですが、それ以上に「うまい文章のルール」を知っている事が大事です!
初心者でも3つのステップを踏めば見違えるほど文章が上達しますよー!

この記事を読むと

・文章を書くことが楽しくなる
・文章を書くスピードが上がる
・伝わりやすく共感してもらえる文章を書けるようになる

ことができます。

具体的には

・設計図を作る
・材料を集める
・文章組み立てる

の順にお話ししていきます。

ではどうぞ!

3つのステップで文章はみるみる上達する!


ある程度の長さがある文書を書くときは、いきなり書き始めるとどうしてもグダグダした何が言いたいのかわからない文章になってしまう事が多いです。

長い文章をただ書き始めると自分でも「結局何が言いたかったんだっけ?」となってしまいまとまりのない文章になってしまうからです。

文章は読んでもらう人に何か行動してもらいたいから書きますよね。っであれば、書いている本人が「何を言いたいんだっけ?」となっている文章では、読み手にとっても「これ、何を言いたい文章?わけわかんない…」となってしまいます。

そうなれば、行動してもらうどころか最後までも読んでもらえないかもしれません。

せっかく頑張って書いたのに読者に「価値がない」と途中で読むのを辞められるのは悲しい事ですよね。

そうならないためにも、文章を書くときはいきなり書き出さずにしっかり目的をもって読みやすく伝わりやすくなるための3つのステップを踏みましょう。

中嶋といろ
中嶋といろ
では、さっそく3つのステップを説明していきますね!

【Step.1】設計図を作る


文章を書く前にはまず設計図を作ることが重要です!

文章だけに限らず、何かを始めたり、作ったりする場合にも設計図は必要不可欠です。

完成したらどうなるのか?どういう風に作っていくのか?を記載した設計図がなければ、ここはどうするんだっけ?これで本当に合っているんだっけ?とだんだん何をやっているのかわからない。と言うことになってしまう恐れがあります。

中嶋といろ
中嶋といろ
そうならないためにも設計図を作りましょう!

設計図は、

what(何を)
why(なぜ)
how(どうやって)

と言う項目で作っていくと書きやすいです。

では、それぞれ詳しく説明していきますね!

what(何を)

最初に自分の主張を考えます。

今回の文章で何を伝えたいかを書き出しましょう!1つの文章で、1つの伝えたい事を述べるようにすると伝わりやすい文章になります。

what(何を)を考えるときには

・読み手の得になる情報
・相手が知らないような新情報
・知りたい!と思わせるような好奇心を誘う情報

のどれかに当てはまるように考えましょう。

これはタイトルに使うための文章になります。

例えば女性の一人旅で気をつけることの記事を書こうと思ったとしますこの場合女性の一人旅を安全にするための得になる情報となります

ただ女性の一人旅を気をつけることと言う記事タイトルにしてもそこまで読みたいと思わせることができませんよねそこで具体的な数字等を入れるとよりイメージしやすくなります

例えば

女性の一人旅で気をつけること3選

とするとよりイメージしやすくなりますよね。

さらに、人は自分にとって得になることが大好きです。それと同じ位、損することが大嫌いです。どうせ同じ時間を使って記事を読むのであればより自分にとって必要な情報が欲しいと思いますよね。

そこで、

この記事を読まなければ損をしてしまう!不安になる!

と言う感情を読み手に持たせなければいけません。

例えば

知らないと危険!女性の一人旅で絶対に気をつけること3選

のようにすると

知らずに一人旅に行くのは危険なんだこれは読まなければいけない!

と読者に思わせることができます。

why(なぜ)

次に、what(何を)の理由・根拠(why:なぜ)を3つ説明します。

主張には理由や根拠が必要です!理由や根拠がないのに意見を言われても、納得することはできませんよね。

そして理由や根拠は3つ説明するのが効果的です。

なぜ3つかというと
1つ2つだと少なすぎるけど、5個も6個もあると多すぎるから
です。

さらに3という数字は、昔からスピーチでも聴衆の興味を引きやすい数字と言われよく使われています。

TEDと言うアメリカの会議で講演かとしても活躍している、ジェレミー・ドノバン著書「TEDトーク 世界最高のプレゼン術」では、

私は3と言う数字を非常によく使います。それは3が最もとっつきやすい数字だからです。

・3つのステップ
・3つのテーマ
・3つの戦略
・3つのヒント
・3つのテクニック
・3つのツール
どれを使っても大丈夫。

と、言うふうに紹介されています。

これはスピーチでの話をしていますが、文章構成でも使えます。

要するに、

理由や根拠を3つ用意してそれに沿って書いていくことで、読み手にもわかりやすく、書き手も自分の言いたいことをがブレずに伝えられる文章を作れる

ということです。

how(どうやって)

主張(what:何を)に対する理由・根拠(why:なぜ)がかけたら、最後にそれをどうやって実現するかを具体的に紹介していきます。

例えば、

知らないと危険!女性の一人旅で絶対に気をつけること3選

で言えば、

主張(what:何を):
知らないと危険!女性の一人旅で絶対に気をつけること3選

理由・根拠(why:なぜ):
1)NOと言わないのはYESという意味だと思われてしまう
2)海外で女性が暗い時間帯に1人で出歩くのは治安的なリスクがある
3)過度な露出は犯罪の標的になる

と言う設計図を作ってきたとします。

この設計図で「どうやって実現するか」は、「どうすれば安全に旅をできるのか」ということになります。

「どうすれば安全に旅をできるのか」は、理由・根拠(why:なぜ)に対する解決策を提示してあげればわかりやすいです。

例えば

1)NOと言わないのはYESという意味だと思われてしまう
→自分の意思はしっかり伝える。嫌なら「嫌だ!」と言うことで、誤解を生まないコミュニケーションをとることができる。

2)海外で女性が暗い時間帯に1人で出歩くのは治安的なリスクがある
→海外では日本のように治安の良い国ばかりではない。

日が暮れると人気も少なくなりどこでどういった犯罪に巻き込まれるかがわからない。

海外に1人旅に行く場合は、なるべく日が暮れてから散策するのは控えることが大事。どうしても夜道を新歩かなくてはいけない場合は、人気が多く明るい場所を選ぶようにする。

3)過度な露出は犯罪の標的になる
→国によっては女性が肌を見せてはいけない文化の国もある。

また女性が肌を出している事は、そういった職業だという主張になってしまう場合もある。

その国に住む女性がどういった服装をしているのか事前に調べ、その国の中で常識とされるような服装をすることを心がける。

国によってはタイトなパンツを履くこともよしとされない場合もあるので事前調査は必須。

こんな感じですね!

具体的な解決策はとても重要です!ここがしっかり伝えられれば読者にとって価値のある記事と思ってもら、評価してもらます。

この「how(どうやって)」がうまく書ければ、読者から「役に立った!」と評価されしてもらえ、結果的に行動してもらえものが売れる記事を書くことができます。

【Step.2】材料を集める


裏付けが必要な記事を書く場合や、内容を充実させたい場合は、資料を集める必要があります。

裏づけが必要な記事と言うのは例えば、

2019年の沖縄の観光客は前年比より3.2%増して1016万人

と言うような自分の意見ではなく世論である場合です。

こういった世論を出す場合には出典元を記載するようにしましょう。

2019年の沖縄の観光客は前年比より3.2%増して1016万人
出典:沖縄タイムス+プラス

中嶋といろ
中嶋といろ
こんな感じに書くとわかりやすい!

材料はインターネットだけではなく、書籍・新聞・雑誌など出版されているものを参考にすると良いでしょう。

人と会って話をしたり、実際に自分で行ってみて自分の目で確かめると言うことも大切です。

【Step.3】文章組み立てる


設計図を作り材料集めたら最後に文章組み立てていきます。

文章は、

・書き出す
・編集する
・チェックする

の順で組み立てていくと作りやすいです。

では、順番に詳しく説明していきますね。

書き出す

まずは設計図に従って、どんどんと書き出していきましょう!

この時は誤字脱字や文章の流れなどを気にせず、どんどんと書き出していくことが大事です。間違っていても後で編集すればOK!

ここであれこれ考えてしまうとなかなか筆が進まなくなってしまうので、設計図にしたがって思ったことをどんどん書き出していきましょう!

編集する

次に書き出した文章を編集します。

編集では、実際に読んでみて、

・文字の流れが悪くないか
・余分な文章はないか
・足した方が良い情報はないか

などをチェックしながら読んでいきます。

チェックする

編集が終わったら最終チェックを行います。

最終チェックでは、

・誤字脱字がないか
・間違った表現がないか

を確認していきます。

特に以下のような、実際にプロの編集者が行っているチェックを行うと良いでしょう。

校正

校正では

・誤字
・脱字
・文法の誤り
・表現の誤り
・表記の誤り
・一人旅、ひとり旅、1人旅のように、同じ言葉なのに違う表記をしていないか

をチェックします。

特に同音異義語と同訓異字語には注意が必要です。

「暑い」のように、音が同じでも同じ違う意味になってしまう漢字もあるので、入念にチェックしましょう!

ファクトチェック

ファクトチェックとは内容が正しいかどうかをチェックすることです。

ネット上で多くの人が書いていることであっても、実は真実でない場合があります。いわゆる都市伝説ですね。

自分が書いた内容は何を根拠にしているのか
その根拠は本当に正しいことなのか

をチェックしましょう。

例えば少し前まではうさぎは水を飲まない動物と言う都市伝説がありました。

しかし実際はうさぎに水を飲ませなければ死んでしまいます。このように間違った情報を流してしまうと、命に関わる場合もあります。

必ず自分の流している情報は真実なのかを確認するようにしましょう。

ネガティブチェック

ネガティブチェックとは

・差別用語を使っていないか
・不快用語を使っていないか
・特定の誰かの命を傷つける内容やプライバシーを暴く内容になっていないか

など第三者が読んで不快に感じる内容が書かれていないかと言う事のチェックです。

とは言え人の反応を気にしすぎると自分の主張を全く言えなくなってしまいます。

どんなにこちら側がチェックしたとしても、読み手によっては「傷ついた!!」と言ってくる人もいます。

なのできちんと自分の意見を主張しつつ、最低限のネガティブチェックを行うようにしましょう。

例えば明らかな人の悪口等は欠かないようにしたり、感情に任せた言動は控えるなどです。顔が見えないインターネットだから言えることではなく、100人の目の前でも胸を張って堂々と言える意見をブログでも書くようにしましょう。

中嶋といろ
中嶋といろ

文章の良し悪しは自分では判断しづらいものです。SNSなどにアップしてときには意見をもらうこともオススメです。

まとめ

文章を書くときには3つのステップを踏むとわかりやすく伝わりやすくなる。

【Step.1】設計図を作る
・what(何を主張)
・why(なぜ根拠)
・how(どうやって解決作)

【Step.2】材料を集める
・上野資料
・インターネットの資料
・自分の足を使って集めた資料

【Step.3】文章を組み立てる
・描き出す
・編集する
・チェックする

ライター、デザイナー、ディレクター
中嶋といろ
旅に関わるクリエイティブを作る人。 旅するために25歳までフリーター。その後、正社員になるも旅ができないことにストレスを感じプチ鬱。好きなことだけして生きることを決め、トラベルライター、Webデザイナー・ディレクターに。お仕事のご依頼はメールにてお願いします。
\ Follow me /