女性のひとり旅

女性のひとり旅って寂しいんじゃない?【工夫次第でめちゃたのしい】

こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。

女性のひとり旅って寂しくない?

ひとり旅が趣味だというと、よくこんなことを言われます。でも実際は、

中嶋といろ
中嶋といろ
ひとり旅だけど正直ひとりの時間は少ないからそんなに寂しくない!

というのが、ひとり旅歴9年の私の見解です(笑)

この記事を読むと

・ひとり旅でも寂しくなり理由
・ひとり旅を寂しくさせない方法
・ひとり旅のメリットとデメリット
・ひとり旅をするときのお宿の選び方

がわかります。

ではどうぞ!

女性のひとり旅って寂しいんじゃない?いえ、結構にぎやかです


一人旅が趣味だと言うと

女性のひとり旅って寂しくない?

と言われることが多いのですがひとり旅歴9年の私から言わせてもらうと、ひとり旅はひとりでありながらひとりじゃない(笑)ので全然寂しくなんてありません。

その理由は2つあります。

【01】なんだかんだ現地の人と交流がある

ひとり旅でも移動の時は、タクシーを使うことが多いです。

タクシーの運転手さんはだいたい地元のことをよく知っている地元民なので、タクシーに乗っている間に地元の事を色々と教えてもらえます。

私は最近長崎県の上五島に一人旅をしたのですが、上五島では公共の交通機関がなく、半日タクシーを利用して観光しました。

タクシーのドライバーさんは地元のおじいちゃんで、ガイドブックにも載っていないような情報まで教えてくれてひとりだけどとても楽しく旅することができました。

さらに、ひとり旅でレストランで食事をする時は、レストランのスタッフさんからよく声をかけてもらうことがあります。

グループでワイワイと旅をしている人達には、スタッフさんでも声はかけづらいですが、ひとりで静かに食事をしている女性だと、声をかけやすいみたいです。

私はお酒が好きで旅の夜にはだいたいお酒を飲むのですが、たまに一杯サービスしてもらえることもあります。これひとり旅の女性ならではの、ちょっとした嬉しいおまけだったりします。

【02】予定がびっしりだから寂しがってる暇がない

ひとり旅の場合、何でもかんでも自分で好き勝手決められるので、行きたい場所ややりたいことをびっしり詰め込んでる場合が多いです。

私の場合は分刻みでスケジュールを立てて行ったりします。そのため寂しいと思っている時間がないんですよね!予定をびっしり詰めているので寂しいと思う暇なく忙しく観光しています(笑)

女性のひとり旅のメリット・デメリット

ではひとり旅をするメリットとデメリットはどうでしょう。

メリット

中嶋といろ
中嶋といろ
まずはメリット!

ひとり旅のメリットといえば、もうとにかく自由!!これにつきますね!

私の旅での楽しみはお散歩と温泉と食事です。

私は旅だと半日で3000歩以上歩いたこともあるほど、お散歩が大好きです。

これって一人だからいいんですけど、もし友達と一緒に行ったら、

こんなに歩かされるのなんて、絶対嫌

っていう人もいるわけですよ。
そうすると私は大好きなお散歩を我慢しなくてはならなくなってしまうんですよね

あと温泉も大好き!

私は1日に最低でも2回、宿泊中は3回から4回ぐらいは温泉を堪能します。

というのもお宿について、まず1回!食事の前に1回!寝る前に1回!朝起きて一回!チェックアウト直前にダメ押し1回!と、めちゃくちゃ温泉に入りまくります!!

それぐらい温泉が大好きなんです、私。

でも、私と同じぐらい温泉が好きで、ずっと温泉に入り浸ってられるタイプであればいいのですが、あまり温泉が得意でない友達と行ったら、絶対にのぼせてしまうんですよね。

しかも友達と2人の旅行だった場合、私が温泉に入っている間、友達は一人になってしまい、気を使ってしまうので、温泉を十分に楽しむことができません。私にとって我慢の旅になってしまうんですよ。

だから、ひとり旅の時にはここぞとばかりに自分の欲求を満喫します!!好きなだけ歩くし、好きなだけ温泉にも入る!

逆に私はショッピングにあまり興味がないので、お買い物は全くしません。こんな感じで自分の好きなことだけにたっぷり時間を使えるのが、ひとり旅の醍醐味です。

後はちょっとかっこいいことを言うと、ひとり旅って全部ひとりでやらなきゃいけないから、スケジュールの管理能力とか決断力とかそういったビジネスでも役に立つようなスキルが身に付きますね。 

デメリット

一人旅のデメリットは、お金が少し多くかかるということです。

例えばタクシーに乗るのでも、1人より2人の方が安いですよね。ホテルであっても1人の宿泊料金より2人の宿泊料金の方が1人の負担が少ない場合がほとんどです。

とはいえ、人と一緒にする旅は気を使うことも多く、目的がその場所を楽しむというよりは、一緒に行った人との思い出を作るということになるので、場所を楽しみたいという場合には、多少のお金がかかるというデメリットは全然問題ではありません。

むしろ誰かといって自分の好きなものを見れなかったり、好きなことを満喫できないほうが、私にとってはデメリットなので、多少お金がかかることは全然気にならないです。

女性のひとり旅を始めるなら「国内旅行」からがおすすめ!


これからひとり旅を始めてみたいと思っているなら、まずは国内旅行からがおすすめです!

その理由は2つあります。

海外だと夜に外に出にくい

ひとり旅をしていると、夜の時間が少し寂しいなぁと感じる場合があります。

私のように温泉が大好きでずっと温泉に入っていれば幸せ!というのなら良いのですが、そうでない場合、少し外に出て街を歩いてみたいなと思う場合があるかもしれません。

そういった時、海外だと夜道を女性一人で歩くのは危険な場合がほとんどです。

日本であっても深夜の女性のひとり歩きは危険ですが、さほど夜が深くない場合であれば、街の雰囲気を楽しみに散策してみるのもいいでしょう。

そのため初めてのひとり旅では、海外ではなく夜でもお散歩できるように国内旅行を選ぶのがおすすめです。

英語がしゃべれないとコミュニケーションをとりずらくて寂しくなることも

ひとり旅での交流は、現地の人や旅人同士の場合が多いです。日本国内であれば現地の人も旅人もほとんどが日本語を喋ります。

たまに海外からの旅行者に話しかけられることもありますが、道を聞かれたりする程度です。

がっつりとコミュニケーションが取れるのは、地元のタクシーなどといった交通機関の関係者の方や、飲食店などのお店のスタッフさんです。

そのため英語が堪能な人であればいいのですが、あまり英語が得意でない場合は、初めての一人旅が海外だと思ったようにコミュニケーションが取れなく寂しい思いをしてしまうことがあります。

初めてのひとり旅で、寂しい思いをしてしまうと、次に一人旅をするのが少し億劫になってしまう可能性があります。

ひとり旅は回数を重ねれば重ねるほど、ひとりでの楽しみ方がわかってきてより、魅力的な楽しい旅になります。そのため最初の一回はとても重要なのでコミュニケーションが取りづらいというリスクが低い国内旅を選ぶのがおすすめです

本当に寂しくて耐え切れなくなったら電話ができる

初めてのひとり旅だと、寂しくて誰かの声が聞きたくなってしまう時があります。そういった時に海外にいると、時差や電波の関係で電話をかけることができないのですが、日本国内であれば気軽に電話をすることができます。

旅中に寂しくなってしまうのではないかと心配な場合は、旅をしている間連絡を取れる人を作っておくのも、旅を寂しい思いをせず旅を楽しむ一つのテクニックです。

私は電話などはしないのですが、自分の見た景色やその感想をSNSに随時あげるようにしています。SNSにアップするといいね!や感想をもらえるので、ひとりで旅をしていても、誰かと一緒に旅をしているような気分になれてとても楽しいです。

部屋時間を充実させる!ちょっといいお宿の選び方


ひとり旅で少し寂しいなと思う時は、お部屋にいる時間です。

早めにホテル(お宿)に着いてしまうと、お部屋を満喫しようと思っても、ひとりだとやることがなくなってしまいます。

そうするとやっぱり「寂しい」と感じてしまうんですよね。

そうならないためにも、私はホテル(お宿)での時間を充実させるために、大好きな温泉が部屋についていたり充実していたり、ご飯が豪勢なところを選んだりします

ひとり旅なのにお部屋に温泉がついているなんてって、思うかもしれませんが、ひとりだからこそ温泉につかりながら地元のスーパーや酒蔵で買ってきたお酒を楽しんだり、温泉につかりながら本や漫画を読んだりするのは、すごく充実した幸せな時間になります。

さらに普段は、ちょっと気が引けてしまうような豪勢なディナーも、たまのひとり旅で満喫するのも楽しい思い出になります。

ひとり旅でホテルでのディナーなんてちょっと気が引けると思われるかもしれませんが、周りも自分達の世界に浸っているのでそこまで気になりません。

さらにホテルの食事であれば地元の名産品を味わえるので、旅気分をより高めてくれます。

なので私は国内の旅をする時は、温泉旅館で美味しいディナーが食べられるところを選ぶようにしています。

国内旅行で女性のひとり旅の温泉宿ならじゃらんがおすすめ

国内旅行の場合、私はじゃらんnetで予約します。

他の予約サイトでも素敵なホテルはたくさんあるんですが、温泉宿の掲載が多いのがじゃらんnetの特徴です!

『一休.com』も国内旅行のホテル予約におすすめですが、高級旅館すぎて1人で宿泊できる選択肢が少ないです。

高級旅館って1人で宿泊可能なところが意外と少ないんですよね…(涙)

だから私は、基本的にじゃらんnetで予約します。

pontaポイントもたまるし、もちろんGoToトラベル割引もあるんで、めちゃくちゃお得に旅できるんでおすすめですよ!

じゃらんnetで私が宿泊したホテルの記事↓

【会津若松】女性一人旅にもぴったり♪露天風呂付客室旅館は今昔亭がおすすめ!アメニティと温泉の口コミ大公開♪酒どころで有名な福島県の会津若松は、ご飯がおいしことはもちろん温泉としても有名どころです。 特に東山温泉はあの有名な新選組の土方歳...
【長崎(五島列島)・博多】3泊4日女性ひとり旅してきました!こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。 長崎県の長崎市と五島市は、フォトジェニックで可愛らしい景色が広がる女子旅にはぴっ...
まとめ

・ひとり旅は地元民との交流があり意外と賑やか
・ひとり旅は予定をびっしり入れておくと寂しがる暇がなくなる
・女性のひとり旅は国内旅行から始めるのがおすすめ
・女性のひとり旅は温泉旅館に泊まるとお部屋時間も寂しくない

エポスカードは旅行におすすめ!【トラベルライターの私が実証】こんにちは!中嶋といろ(@ohjtnet)です。 私の趣味は旅!さらにトラベルライターとしても活動しているので、国内外問わず年に4...
ライター、デザイナー、ディレクター
中嶋といろ
旅に関わるクリエイティブを作る人。 旅するために25歳までフリーター。その後、正社員になるも旅ができないことにストレスを感じプチ鬱。好きなことだけして生きることを決め、トラベルライター、Webデザイナー・ディレクターに。お仕事のご依頼はメールにてお願いします。
\ Follow me /